物静かな子の評価

お花を通じて 忙しいママを潤い満たす
オンライン プリザーブドフラワー講師
プリザママ 若野さきです。
今週は授業参観ウィーク。
太郎の理科の授業を見に行ってきました。
テーマは「磁石」
みんなの机の上には
筆箱と磁石実験キットの箱が
机の右上に揃っておいてありました。
この磁石の実験キット
四角い箱の中身は
プラスティックの収納ケース付きの
U磁石&棒磁石。
釘やモールなどの実験に使う小物。
この実験キット、
持ってるだけで楽しい気分になれそう。
今どきの小学生って恵まれてるな~、
授業とは別のところで
まず感心しちゃいまいた。
授業参観の途中で、
抱っこで寝てしまった三男。
12kgを抱っこしながら
授業参観って、、、
腕がプルプルしてくるし、
かなりつらかった。
〇マレーシアでの太郎
6年半前、マレーシアに渡って、
3歳ちょっとで英語と中国語の海に
突然投げ出された太郎は
本当に苦労したと思います。
我が家の長男、太郎は
3歳から現地の幼稚園に通い、
6歳からはインターナショナルスクールへ
転入しました。
もともと大人しい子でしたけれど、
先生からの評価は
“Quiet boy”
“make no noise”
つまりとっても静かってことです。
「うちの子、静かに授業受けているのね」
と、日本だと褒められた気分にもなりそうですが、
実は違います。
静かにしている
→自信がない
→自分の意見を発表しない
→クラスに貢献していない
という評価なのです。
そして発言する時は
なぜそう考えるのか、
必ず理由まで求められます。
うちの子は物静かで
しゃべるのが苦手な性格なんです。
は通用しません。
とはいえ、性格は
そう簡単に変わるものじゃないですよね。
それでも、マレーシアにいる
最後の一年くらいは
太郎なりに自分のアイディアを
小さなグループの中でなら
発表できるようになりました。
今日の理科の授業でも
2回、手を挙げることができたし、
先生に当てられたら、
みんなの前で発表できました。
もちろん、他の人に比べれば
まだまだ自分の意見を
言えない側に入りますが、
これでも大成長だなと思う母です。
今日の磁石を使った実験結果予想の
プリントへの書き込みも
「なぜなら~だから。」
と結果予想だけじゃなく、
理由までびっちり書いていたのに驚きました。
これにかぎらず、
太郎が物事を考えるときは
いつも理由までセットで考えているのは、
マレーシアの学校で
叩き込んでもらったおかげだと思います。
本人は苦労したけれど、
苦労しなければ手に入れられないことは
必ずあるはず。
そう思えば、転校の苦労も
太郎にとって大事な財産に
なったのかなと思います。
—————-
これから先も
うちの子供達は転校の大変さを
味わうことになるかもしれません。
それぞれの子供の性格や
受け入れ側の様子などで
状況は変わってきますけれども、
転校って子供にとって相当な負担です。
身をもってそれを知っているから、
我が子にそれを強いるのは
辛い気持ちもあります。
けれど、自分の転校経験、
子供の転校経験を振り返ってみると、
転校や引っ越しがあったからこそ、
いろんな面で鍛えられ、
新しい友人が増え、
自分の知らなった価値観を知り、
自分に何をプラスしたいのか
知ることが出来たのかなと思ってます。
転校も成長のチャンス。
そうなれば、最幸。
——————-
写真は
にぃにのランドセルと黄色帽をかぶって
「ただいま」と言って遊ぶ三郎。
小学校入学までは
まだ3年ありますよ。
※ちなみに、三郎は物静かな子とは程遠い
やんちゃ坊主です。

無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA