満たしととのえキャンプ飯~タコライス~

自宅をパワースポットに♪ 若野さきです。

2週連続キャンプしてきました。
今回は上峯公園キャンプ場へ。

キャンプシーズンは自宅とキャンプ場のデュアルライフ?!

今回のバンガローは高級仕様でした。

2段ベッドx2、ロフト、炊事場、トイレに冷蔵庫。
リビングまであって、とっても快適~。
あ、お値段もお高めでしたが、
家族5人で旅行に行くことを思えば、お手頃価格。
 

今回、バンガローエリアには私達家族しかおらず、
貸し切り状態。

 

虫の声しか聞こえない。

贅沢だー。

 

 

キャンプ飯はタコライス。

ご飯は飯盒で。
飯盒でご飯炊いたら、
焦げ付いて後始末が大変だろうと思っていたけれど、
心配ご無用!
 

米を研いで30分浸水。
米と分量の水を飯盒に入れて、
蓋をして火にかけます。
 
かまどで炊くのは炊事場までの往復が
面倒だったりするので、
ユニフレームのファイヤーグリルで炊いています。

はじめは中火(飯盒の底に火があたるくらい)で、
徐々に火を強めていきます。(飯盒の側面に火がのぼってくるくらい)
沸騰して、吹きこぼれてきたら、
蓋が外れないように枝で抑えるか、石を置きます。
(枝で抑えるときは、引火に注意)
火を弱めていき(飯盒に火があたらない程度)約10分。
 
飯盒の底がチリチリ言い出したら、
焦げ始めなので、火からおろします。 
 

飯盒を逆さにして、15分程度蒸らします。
 

で、じゃーん♪

薪で炊くご飯は最幸!

「飯盒」と聞くと、
戦争時代、戦地に飯盒を持参して、戦った日本人を思います。
故郷日本を離れ、ジャングルの中で食べたお米はどんなだったんだろう。
お米がなければ、日本人は戦えなかったんだろうなと想像します。
お米は日本人のよりどころ、生きるパワーの源なんだよな~。

 

 

飯盒で炊いたご飯で、タコライス!
これまた、美味しかったな~。

 

満たしととのえキャンプ飯

カレーもいいけど、タコライスもね♪

 

タコライス

【材料 5人分】

合挽ミンチ     400g
玉ねぎ      1個(みじん切り)
にんにく     2片(みじん切り)
トマトピューレ  大さじ4(トマトケチャップでも可)
ウスターソース  大さじ2
しょうゆ     大さじ1と1/2
塩        少々
カレー粉     大さじ1
(もしくは ガラムマサラ 大さじ1)

トマト      大1個(一口大のサイコロ切り)
アボカド     1個(サイコロ切り)
レタス      5枚程度(ざく切り)
ナチュラルチーズ  シュレッダーされたもの
ライム      1個(くし形)

タバスコ (お好みで)

ごはん 

【作り方】

1)みじん切りしたにんにくをサラダ油でいため、
 香りが立ったら、ミンチと玉ねぎを炒める。

2)トマトピューレ、ウスターソース、しょうゆ、塩を入れて炒め、
  カレー粉(もしくはガラムマサラ)も入れて炒めて火を止める。

3)器にご飯をよそい、トマト、レタス、2)の炒めたミンチ肉、
  トマト、アボカド、シュレッダーチーズの順に乗せ、ライムを添える。

大人はお好みでタバスコで辛さ調整してくださーい。

 

 

 

 

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA