良妻賢母よ、さようなら。

良妻賢母 2.0

イギリスでは、2019年6月14日から
ジェンダー偏見を生む広告の規制がスタートしたそうです。
(いきなり、今日は固い話題で、恐縮です。)

 

たとえば、
・妻だけが家事をこなして夫はくつろいでいる
・女の子の将来はバレリーナで、男の子の将来はエンジニア
・男性だからおむつを替えられない
・女性だから駐車が下手
 

男性だから~、女性だから~
といった偏見を助長する広告は流せなくなるようです。
 

広告に限らず、
私たちは生まれてから無意識に
社会的性差の刷り込みは行われていますよね。
 
それによって、
本人の本当の望む生き方を制約してしまうのは
本人とっても非常にもったいないし、
社会全体にとってもデメリットですよね。

イギリスのジェンダーCM規制のニュースを聞いて、
私が家庭の女性へお伝えしている
理想の世界へのステップを
勘違いなさっている方もいるかもしれないなぁと
感じていた部分もあるので、
今日はそのことを書いてみようと思います。

  

私が「自宅パワースポット」を
お伝えするようになって
女性から、

「新時代の『良妻賢母像』ですね。」
「まさに『良妻賢母2.0』だと思います。」

と仰っていただくことがよくあります。
  
 
一方で、
私の発信を昭和の古き良き時代、
懐かしい幻想のような感情を抱きながら
読んで下さる男性がいるのも感じています。
※私はそのフィルターを外したいと思っています。
  

「良妻賢母」というと
昭和の時代の自己犠牲を伴った
夫にとってのよき妻、
子どもにとってのよき母、
というイメージが
どうしてもあるので、
私は今は、
この言葉は使っていないんですけれど、

 

古い価値観の良妻賢母にサヨウナラし、
女性にとっての良妻賢母
再定義していきたいって思っています。
 
 
 

かつて私は
こう思っていました。

「お金を十分に稼げない家庭の女性は無価値」

その思い込みのせいで、
自分で自分を苦しめていました。
 

お金を稼いでいないんだから、
せめて家事を完璧にこなさなければ。
子育てに全身全霊でとりくまなければ。
ってね。

自分で呪いをかけていたんです。 
そして、昭和的な良妻賢母を目指すことで、
自分の無価値感をかき消そうとしていたんです。

 
  
ほんと、
愛にもお金にもモテない「あり方」でした。
 

  
今、渦中を抜け出し、
世の中を見回してみると、
かつての私と同じように
「お金を稼いでいない私は無価値」と、
そう意識的、無意識的に
自分を追い詰めている女性が多いのですよね。
 
 

ほんと、違うから!!!!

  
どんな人生のステージにいても、
働いていても、いなくても、
お金を稼いでいても、いなくても、
まずは根幹である自分、
すぐ足元の家庭をととのえることは、
大きな愛とお金と未来に繋がっていくんです。
 

 
それをお伝えしたくて、
メルマガ書いたり、
イベントしたり、
オンラインサロンで活動をしています。

 

幸せへのプロセスは男女共通~インサイドアウト~

私がお伝えしている
妻も母も私自身も最幸に楽しむ3ステップ」
は以下の通り。

 

 妻も母も私自身も最幸に楽しむ3ステップ」

1)自宅パワースポット

調った空間で
自分のために三欲満たす
 

2)愛され妻

結婚という
共同プロジェクト遂行のために
まずはパートナーに愛を注ぎ、
パートナーから
有形無形の愛を受け取り、
増幅したエネルギーを
家庭、地域、社会、志事に循環させる。
 
3)妻も母も自分自身も最幸に楽しむ自己実現

 

一見すると、

「女性は仕事よりも、まず家庭」
そう解釈なさるかもしれません。

  

でも、それ、
違いますから!!!!

 

1)も2)も3)も同時進行でいいんです。
ただ、スムーズな流れ、
盤石で豊かな流れにするには、
源泉を豊かにしておかなければならないんです。
 

私がお伝えしている
幸せの自己実現への大まかなステップは
女性に限らず、
男性も同じです。

 
何事も「インサイドアウト」
 


自分自身の愛があふれ出したら

自然と周囲へ届いていく。
 

自宅パワースポットの一番の目的は、
「自分」を満たし整えること。
夫のため、子どものためではないということ。
極端に言えば、
自宅がパワースポットになったら、
おまけで家族もハッピーになる。
あくまで、自分自身のエネルギーを高めるため。

  
愛され妻の一番の目的は、
人生の共同プロジェクトを
パートナーと一緒に作り上げていくこと。
そのためにお互いを知って、
的確に自分の愛、エネルギーを
パートナーにとどけることは欠かせません。
 

自分も満たされ
夫婦、家族がととのったら、
インサイドアウトで
自然とその先の社会で、
社会からも感謝という愛とお金を
手にできるようになります。

そのとき、
妻も母も私自身も最幸の状態
だと思うのです。  

これってね、
女性に向けてお話しすることが多いんですが、
男性だって、おんなじ事なんです。

自分が疲弊し
家庭がすさんでいる状態で
ずっと仕事がうまくいき続けることはありません。
仮にその状態でビジネスで成功しても、
幸せとは言えませんよね。
 

自分が満たされ
妻から応援され、家族から信頼され、
妻や家族から受けた温かいエネルギーをもとに
仕事を通して社会貢献できれば、

夫も、父も、自分自身も最幸の状態
だと思うのです。
 
 
源泉である自分をととのえること、
その拠点である自宅をパワースポットにすることは

すべての豊かさに繋がります。

 
みなさんのご自宅が
ますますパワースポットになることを
心から応援し、祈っています。
 

自宅をパワースポットに♪
幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

  


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA