浴衣が豊かに繋がる本当の理由

ドレスコード「浴衣」の訳

ここ連日、
「浴衣de豊か」のイベント告知をさせていただいています。
 

行きたいけれど、
家族旅行の日と重なってしまって、残念です。
 

浴衣を着たかったけれど、
その日はどうしても仕事を休めなくて、、、。
 

メッセージありがとうございます♪
 

私とリアルで会うベストのタイミングって
あるんですよね。

 

ほんとに。
 

何年もネット上の知り合いだけだったのに
期が熟して、リアルで会った途端、
トントンとビジネスの話に発展した、とか、

 
 
ネットの発信上でしか知らなかったけれど、
気付けば同じ地域に暮らして、
子どもが同じ学校に通うことになった、とか、
  
 
会いたいですねとメッセージしながら
会えていない人もいて、
それは、それで、
まだタイミングでないだけ
って思っています。

 

今回の浴衣イベントは
メルマガをリザストに移行して
初めて開催するイベントです。 

 

これまでイベント開催して、
誰もいらっしゃらなかったことって
なかったけれど、
 
 
今回はまだ正式な
お申し込みはありません。
 

でもね、私、
そっかぁって感じです。

以前の私だったら、
活動のベクトルが
「利己」だったので、
 
  
イベント告知したのに
誰も来ないよ、どーしよう。
何が私に足り何だろう。
私って市場価値がないのかな。
寂しい、、。
 

ってなってましたけどね。

 
学び続け、活動を続ける中で、
私と社会との関係性が
書き換わって、
活動のベクトルが方向転換したので、
静観しながら、
次に私がすべきことを考えています。

 

もちろん、私が発展途上、
発信や、イベントが、サービスが
発展途上ってことも過分に加味しても、
  
 

やっぱり、
私がお役に立てるために
その方と会うベストのタイミング
ってあるわけです。
 
  

私は私でアップデートしながら、
そのとき、そのときの原寸大の私で
できること、したいことを
やっていこうって思っています。

 
 
今、さきさんに会いたいなと感じてくださった方は
ベストのタイミングだと思いますので、
ぜひ、原寸大の私に
会いに来てくださいね♪

 

とっても濃いお時間になると予感しています♡

 

イベントのご案内

自分の中の美、豊かさを発見したい方。パートナーと愛と豊かさを育みたい方。

 7/14 東京都 浴衣de豊か ランチ会

 

 
さて、今日は、
私が今回、なぜドレスコードを
「浴衣」にしたのか、
なぜ浴衣が豊かさに繋がるのかを
お話したいと思います。
(これは私のこだわりなので、
参加者は必ず浴衣でなくてもかまいません。)
  

 
私は、6年間、
マレーシアに住んでいました。
 
 
マレーシアは
タイとシンガポールの間にある
イスラム国家。
 

ムスリムのマレー人が
大半を占めているとはいえ、
インド系、中華系の人々が暮らす
多民族、多宗教国家です。
 
 

私が住んでいたコンドミニアムでは、
まだ暗い早朝に南と西にある
それぞれのモスクから
アザーン(イスラム教の礼拝)が
マイクで鳴り響き、
    
 
コンドミニアムに隣接する
インドのヒンズー教寺院からは、
カンカン、チリンチリンと
金物を鳴らす音が深夜まで鳴り響き、
 
 
年に何度もある中華系のお祭りの日には
コンドミニアムの真下にある
中華寺院から、爆竹、京劇、カラオケ、花火が
時間かまわず鳴り響く。

ほんと、毎日、
賑やか、、、すぎる。

  

イスラムの女性は
髪を覆うヒジャブをかぶり、
ゆったりとしたツーピースのバジュクロン。

インド系の女性は
チュニックとスパッツのようなパンジャビスタイルか
伝統衣装のサリーを纏う。

 
民族のルーツ、信仰を
めいいっぱい表現しながら、
生活しているんです。
 
 
お互い尊重というか、
お互い目をつぶりながら、
民族性の表現を受け入れている。
 
 
そんな国で暮らしていました。

  

マレーシアでは、私は、
民族性の豊かさの中に
紛れ込んだ「日本人」

 

日本にいたら、
日本人だと意識するシーンは
あまりないですが、

 
海外にいると
私は日本人だけど、
日本人って何なんだ???
と、日本人の民族性を考えさせられます。

 

ここ数年の私は
日本人について興味が湧いて

日本神話を読んだり、
神話からメッセージを受け取ったり、
神社参拝したりしているのですが、
 
 
マレーシアでそれぞれの民族が
それぞれの民族衣装を着ながら、
祈り、暮らしている様子から、
 
 
着ているものからも、
インストールするものもあり、
発するものもあると感じています。

この色が似合うとか、
この形が体型に合うとか、
そんな細かい次元のことではなくて、
もっと大きな意味でね。

 
  

現代では、
地球上の多くの人が
同じような形の衣服を着て
暮らしていますが、
 
 
 
自分のルーツを
意識できるような
民族色の濃いものを着ることで、
 


自分が生まれながらにして
持っている民族が持つ豊かさを
肌で感じたり、

その豊かさを
自分に染みこませることが
できるんですよね。

  

民族衣装を着るということは、
生まれながらにして
すでに与えられている
非言語レベルの豊かさを身に纏うこと。

 
 
 
 
日本人なら、和服ですよね。
 
長襦袢着て、長着をきて、
帯を締めて。
足元は足袋と草履。

   
とはいえ、着慣れないと
なかなか大変です。
 
 

一番お手軽なのは浴衣
単衣で浴衣一枚で帯を締めたら完成。
作り帯なら、さらに簡単ですよね。

気軽に着られる民族衣装「浴衣」を
今回のイベントの
ドレスコードにしたのは、
 
 
日本人という民族の豊かさを
肌でインストールし、
非日常の美しさ、
普段は見えていなかった美しさ、豊かさを
ご自身で意識して頂きたいという想いがあります。

 

そして、「豊かで美しい私」を基軸に
パートナーと愛と豊かさを巡らせ受け取るために
参加者の方々それぞれの、
詰まりを見つけ、お伝えし、
ますます豊かさを育み受け取る女性
なっていただく場とさせていただきます。
 
 
ただし、今回浴衣での参加は難しいという方は
お気に入りのお召し物でお越し下さいね♡

お申し込み期限は7月12日のお昼の12時まで
お申し込みはこちらから。
↓↓↓↓↓

☆イベント開催します☆
「浴衣de豊か」ランチ会


 
浴衣を着て、非日常な自分の美を楽しみ、
生まれながらにして持っている豊かさを感じながら、
パートナーと愛と豊かさを育むランチ会を開催します。
※浴衣が難しい方は、とびきりお気に入りのお洋服でお越し下さい。
 
こちらからご確認ください♪
https://resast.jp/events/357950

 

自宅をパワースポットに♪
幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA