どの花にするか、選ぶだけ。

 

どの花にするか、選ぶだけ

お花は好きですか?
 

私は花が大好きです。
花っていいですよね。

 
  
いろんな種類があって、
あるがままで美しい。

 
 

私が高校生のとき、
その当時はバドミントン部に
入っていたんですけれど、
 
 
同じバドミントン部のメンバーは
とっても美人さんが多くて、
男子バドミントン部の先輩達が

 
花にたとえると
○○さんは百合だよね。
○○さんはひまわりだね。 
○○さんはバラだよね。
 
 
女子バドミントン部のメンバーを
花にたとえていたらしいのです。

 
 

それぞれの花によって
イメージがありますよね。
  
バラと言えば、美、華やかとか。
ひまわりと言えば、明るいとか。
百合と言えば、清純、高貴とか。

 

で、私が例えられていた花は

かすみ草

・ 
 

「えー、なんでかすみ草?」

花に例えて頂けるだけでも
ありがたいと思うべきなんですが、
でも、それを聞いて
実はショックだったんです。

メインの花を引き立て役というイメージの
「かすみ草」って!
(もちろん、可愛らしい花なんですどね。 )

 
 
ちょっとちょっと、
納得いかなーいって(笑)

 

自分が主役級の花でありたくても、
人から見たら脇役のかすみ草。
クスンってなった、16歳。
 
 
 
フラワーアレンジで
かすみ草を扱うとき、
今でもこのエピソードを思い出します。
 

 
 
 
でも、人がどう見てようが
あまり関係ないんですよね~。
  
  
 
自分が薔薇になりたかったら、
薔薇という設定で生きたらいいし、
   
 
かすみ草になりたかったら、
かすみ草という設定で生きたらいい。
 
 
どの花だってあるがままで
美しいんだからね。

 

大事なのは、
自分がどういう設定で生きるか
決めること。

 
 

薔薇になりたいけれど、
どうせ薔薇にはなれないよ
って思っていたら、
永遠に薔薇にはなれないし、

 

薔薇になってみたら、
かすみ草のほうが心地よいと
感じるかもしれない。
 
 

香りのよいスズラン、
可愛らしいチューリップ、
雨の中で輝くように咲く
紫陽花のようになりたいと思えば、
そうなると決めて、生きたらいいし、
  
 
1輪で存在感抜群の
シャクヤクやダリアになりたければ
それも美しい。
 
 
 
どんな花でもあるがままで
きれいなんだから、
あとは、自分でどの美しさにするか
自分にオーダーするだけ。
 


 

どの花の設定で生きても
自分が気持ちよかったら、それでよし。
 
 

あなたは、どの花で生きますか? 

 

自宅をパワースポットに♪
あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA