自己経験不要、本人以上に信じること

 

本人以上に信じる

 

今日は、三郎(5歳)の自転車
買いに行きました。
 
  
これまで、私の自転車の後部座席に
チョコンと座っていたんですけれど、
三郎にとって、初めてのマイ自転車。
三輪車も乗っていなかったので、
ホントに初めて、三郎が自分でこぐ乗り物です。 
  

 

最近はペダルを簡単にとって、
ストライダーみたいにできる
自転車もあるんですね。
 
 
 
三郎はこれまで
ストライダーもやっていなかったし、
迷わず、そのタイプの自転車を購入。
 

買ったその足で、 
「練習してくる!」 
と夫と三郎二人で出かけていきました。
 
 
私もしばらくして、緑道まで見に行ってみると、
 

 

 

あれ~!!
もうフツーに乗れてる!!
すごいぞ、三郎!!

 
(ペダルがとれる自転車
買わなくてもよかったな….。)
  

   
大人が勝手に
初めての自転車だから、
なかなか乗れないだろうって
子どもの能力を
決めつけてはいけないですね。 

  

これは子どもに限らず。
大人に対しても、自分に対しても。

 
自分の経験値で誰かの可能性を
決めつけるのは、失礼。
 
今までの経験値で
自分の可能性を決めつけていては、
現状維持か、最悪後退。

パートナーや子どもに対して、

「それはやめておいた方がいい」
「絶対に無理」
「できっこない」

と言ってしまうのは、
 
・自分ができないから
・自分が知っている範囲では不可能だから
・自分の予想では無理だから、
 
相手もできない、無理だって
判断しているんですよね。
 

でも、自分の限界を相手にあてはめるのは
失礼ですよね。

  
 

自分が経験したことなくたって、
これまでの常識がそうでなくたって、
自分の限られた知識ではそう考えられなくたって、
 
相手が、「~できる!」「~なりたい!」
って願うなら、

「絶対にそうなるよ!」
 

本人以上にそうなると信じること。
 

 
すると、
パートナーは伸びやかに
新たなステージへ歩めるし、
 
子どもも新しい世界へ
挑戦できます。

  
 
そして、
相手の可能性を信じてあげられると、
相手からも自分の可能性を
信じてもらえます。
 
 
 
男性が何かしたいと話すとき、
実は相談しているんじゃなくて、
背中を押してほしいとき。
 

そこで、
「無謀だと思う」
「やめておいた方がいいと思う」
 
 
とコメントするのは、
もはや、攻撃レベルなんですよ。
 
 
  
「いいね!やってみなよ!」
と背中を押して、
必要なら、どうやったら実現できるか
一緒に考える。
 

夫の潜在能力を
誰よりも信じられる妻になること。
 

それが、
パートナーと温かい関係を築き、
人生の共同プロジェクトを遂行できる
愛され妻です。

 

自宅をパワースポットに♪

((friendly_name))の幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA