願いを叶える有利な条件

願いを叶える有利な条件

昨日は、横浜で衣川先生の
Quantum Consultant実践講座へ出席、
今日は、大阪。
明日は、奈良でプリザーブドフラワーのレッスン。

 

三郎は、8月いっぱいは、
幼稚園がお休みのため、
一時預かりの保育園に預けたり、
  

夫にお願いして、定時前に帰宅してもらったり、
有休とってもらったり、
子どものお弁当を作ってもらったり。
 

 
家族の協力なくして
私の活動はできません。
 
 
ほんとに、感謝

 

 

妻であったり、
母であったり、
家庭を持つ女性は、
 

 
自分がやってみたいこと、
自分が好きなことは、
制限内で行うべき

   

と考えている方が多いかもしれません。

 

制限となってくるのは、
 
・時間
・お金
・仕事
・家事・育児
・家族の了承

といったところでしょうか。

 

子どもが幼稚園、保育園、学校に行っている間だったら、OK
金額はいくらまでなら、OK
家事と育児に影響が出ないならOK
仕事を休まないならOK
夫がOKだったら、OK

 
とっても多くの制限のある
小さな枠の中で
自由探しをしなければならない。

 

そんな風に感じるかもしれません。

息苦しくなって、

「あ~!!やりたいけど、
 もういいや!!めんどくさい!」

「私がいつも通りに過ごす方が、
 家族が丸く収まるよね。」

「私が好きなことするなんて、
 障害多すぎて無理。逆にしんどい。」

 

と、行動を諦めてしまって、
それが積み重なると、
 

「私にはやりたいことなんて何もない」
「私には出来ることは特にない」
「~のせいで、私は何もできない」
「やりたいことが出来る人は
 特別な環境の人か、わがままな人に違いない」
 
みたいに、自己卑下とか、自信喪失、
批判、やっかみ、妬みへと
繋がっていきます。

そうなったら、不幸ですよね。。。
どんどん心が醜くなっていく。。。。  

 

制限をとっぱらおうって本気で努力しましたか?
はじめから無理だと決めてしまった方が、
ラクだと思っていませんか?
制限だと思っていることは、
本当に制限なのでしょうか?
制限内でできることは、限られているから、
本気の本気でやりたいことに出会うまで待とうとか、
時間が出来たら、お金に余裕が出来たら、
子どもの手が離れたら、と、先延ばしにしてませんか?

 

「やりたいことって、ないといけないんですかぁ?」
と感じる人もいる中で、
やりたいって少しでも思えることに出会えるって
ほんと素晴らしいこと♡
 

本気の本気の本命でやりたいことは、
ある日突然、目の前に現れるものではありません。
(たまに、そういう人もいるけれど)

 

こんな風になりたいな、
あんなことやってみたいな、
コレ面白そう、楽しそうって、
動いている内に、
見えてきて、繋がって、キャッチできるもの。

 

制限がある時の方が、
やりたいことを考えられるし、
やりたい情熱が大きくなるし、
その結果、動けるし、できます。

(なんか、今日の私、熱いね。。。。)

 

案外、時間もお金もあるときのほうが、
やりたいことを見つけるのは大変。
やりたいのか、暇つぶしなのか、分からなくなるから。 
 
 
とっても忙しかった独身時代は、
有閑マダムっていいなって思っていました。
でも、実際に数年前に、海外駐在中に、
「有閑マダム状態」になってわかりました。
よっぽど、自分をもっていないと、
人間関係はややこしくなるし、
自分が一体何がしたいのか分からなくなります。
時間の使い方がへた

やりたいことが分かる幸せ♡

 

妻であって、
母である。
 
 
 
それは、自分自身の可能性を狭める制限ではなくて、
逆に自分の可能性を広げる有利条件♡

  
やりたいことは、
どんどんやっていきまっしょい!
 

 

自宅をパワースポットに♪
幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA