苦手な人との距離感

苦手な人との距離感

私たちの悩みのほとんどは「人間関係」
って言われますよね。
 
 

一人、山ごもりでもして、
仙人暮らしでもしないかぎり
「人」と関わらずに生きることは出来ません。

 
 


兄弟姉妹
親戚
先生
友達
チームメイト
同僚
上司
メンバー
ママ友
ご近所さん
お客さん
  
 
などなど。
  

たくさんの方と
様々な人間関係を持ちながら
暮らしています。

  
 
幼稚園の先生とか、
小学校の先生は
  
「いつもみんなと仲良くしましょうね」

  
と教えるけれど、
実際、そんなの絶対無理ですよね。

  
   

とはいえ、私は、小さい頃から
所謂「いい子ちゃん」だったので、
  
先生の言うとおり、
「みんなのことを好きでなければならない!」
「嫌いな人がいたり、苦手な人がいるのは良くないこと」
どこかでそう、思っていました。

   
そして、苦手だな、嫌いだなと思う相手を
好きになれない自分を責めていたんです。

 

苦手とか、嫌いとか、
主観的な感情の奥には、
自分の価値観が隠れています。
 
  
例えば、
 
「コロコロ言うことが変わるから振り回されて苦手」

と思う相手が居るとすると、
 
  
自分の中で
「コロコロ言うことを変えるべきでない」
「言ったことには責任を持つべき」
「他人を振り回すべきでない」
という強い価値観がある証拠なんですね。

 
自分が正しい!と思っている価値観を
相手が踏みにじるから、
苦手だな、イヤだなと感じるわけです。

  
  
そんなとき、これまた「いい子ちゃん」の私が発動して、
 
・私が苦手と感じるのは、私の問題。
・私の捉え方が未熟なんだ。
・私の意識を変えるべき。
・振り回される私が悪い。
・私が持っている価値観を絶対だと思うべきでない。
・この人が目の前に現れたと言うことは、
 私のテーマなんだ。乗り越えなければ!
 
と、自分を追い込んでいました。

 
 

そして、わざわざ、自分自ら、
テーマを乗り越えなければ!と、
苦手だな、イヤだなという感情を抱きに
出向いてしまうのです。

  
なんと、Mな私(苦笑)

 

そして、存分にエネルギーを漏らしておりました。
もしかしたら、申し訳ないことに、
相手も同じように、
エネルギーを漏らしていたかもしれないんですよね。

 

 

イヤだな、苦手だなって思う相手がいる自分を
許してあげたらいい。
そして、その相手に出会えた偶然に
感謝しながら、
適度な物理的、心理的距離を取ればいい。
  

    
ただそれだけ、だったんですよ。

 
  
ご縁があれば、またその相手と
必ず近づく日がやってくるはずだから。
    

  

感謝とともに、
距離をとれた瞬間に、
ほんと、不思議なもので、
一気に優しいご縁が
パタパタってやってくる。
   
   

意識の向け方が変わるだけで
出会う人や起こる出来事がかわる。

 
  
同じようなお悩みの声が
私のところに届いてきたので、
 
  

「オンリーワンの幸せへ導く自分内観日記」
私の自分内観日記から、
以前の私の気づきを
今日はシェアさせて頂きました♪
  

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA