働けば働くほど幸せな夫婦

先週末、急遽思い至って、
東京から伊豆まで
温泉に浸かりにいってきました。
 
 
寒い冬の間、何度も
温泉行きたーい」と
思っていたのですが、
ようやっと叶いました。
 
 
久々に、私がハンドルにぎって長距離運転。
 
きゃー、
かつてペーパードライバーだった私が
首都高走ってる~!!
と自分にビックリ。
 
 
東名高速を降りたら伊豆半島へ。
石川さゆりをリフレインしながら、
天城越え後の太平洋が見え瞬間、
海なし県、奈良県民おきまりの
きゃ~!海だ~!!
と大騒ぎ。
 

「何年も、海を見ながら暮らしてたでしょ?」
と、家族にたしなめられつつ、
無事ホテルに到着。
 
 
温泉に入って、
湯上がりにはビールを頂いて♪
これまた、サイコー

 

夕食後は、
温泉お決まりの卓球で盛り上がり、
再び温泉につかって、
最後は部屋で「ドンジャラ」

 
ひたすら遊んでおりました♪
(ジョッキを先に空けたのは、ワタクシです(笑))

お金は入ってくるのに、全然幸せでない、
そういう女性は、本当に多いと思います。

  
男女問わず、
「お金さえあれば幸せになる」という
史上最強の布教率を誇る「お金教」に毒されていくと、
お金を手に入れることが目的になっていきますね。

 
お金は生きていく上で絶対に欠かせないし、
私もお金は大好きですけれど、
 
  
そもそも論として、
その「お金」って何のため?
ですよね。

お金が入ってきて、出て行くのは
ある意味、自然なこと。
  
出て行ったお金の代わりに、
幸福感を手に入れられるのなら、
働いて得たお金の意味はありますけれど、
  
苦しみと引き換えに手に入れたお金が
むなしさを残すだけなら、
 
・お金の捉え方
・お金の入口と出口
・お金を扱う器
・働く定義
  
このあたりを見直す必要があるかもしれません。
 
 

働く定義を少し掘り下げてみると、 
生物学的に、 
オスとメスでは、
生存する意味が異なるので、
それにともなって、
オスとメスとでは、
働く意味も変わってきます。

(動物と一緒にしないでほしい!という
 声も聞こえそうですけれど、
 ホモサピエンスである私たちは、
 地球上の生物という枠からは
 どうしても離れられません。)

 
  
パートナーがいる女性は、
 
「私が絶対に家計を支えなければ!」
「夫がいなくても(万が一、離婚しても)
 やっていけるだけの経済力を手に入れる!」

というところを最大の目的にすると、
パートナーシップに問題が起こりやすくなるので、
要注意ですよ♪

家計を支えなければ!が空回りして、
働けば働くほど不幸ループへ。
ご用心。 

「働けば働くほどに、幸せな夫婦」
私にとって、理想です。
(ちなみに、私の「働く」とは、
 お金を稼ぐという狭義でありません。)

幸せな働き方をする妻になると決めて、
まずは、夫へのマインドをととのえるべし。

「働けば働くほど、幸せな妻」は
夫にどんな感情を持っているのかな?
想像してみてくださいね。

あなたが男性なら、
「働けば働くほどに幸せな妻の夫」って
どんな夫なんだろう?
想像してみて下さいね。

 

家庭をパワースポットに♪

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA