「感性を磨く」というのはおかしいと思うんだ

ただいま、看板掛け替え作業中です。 
 

私は、今一度、自分が実現したい世界の為に、
自分のエネルギーをどこにどんな形で注いでいこうか、
そのポイント探しをしている最中です。

  
世界観の部分はおよそ固まってきました。
言語化のブラッシュアップの余地ありですけれど、
結局、先日のビジョンのアトリエワークショップで出てきた
この絵に集約されているなと感じています。
(感性から引き出したものって、やっぱりウソがないなぁと
 改めて思います。)
 

私の世界観(実現させたい理想の世界)
それぞれの持っている唯一無二のストーリーから生まれる
一人一人のやりたい!こんな世の中を作りたい!があふれている世界。
人と人との思いが重なって新たなプロジェクトが次々に生まれる世界。
それを社会で共有し一緒に作り上げていく仲間に簡単に出会える世界。

現在、私が自分に対して問いかけているのは、

「私はその世界にどんな風に関わりたいのか?それはなぜか?」

 

その問いに答えるため、 
日々の生活、日々の活動から、
私はどんなときに喜びを感じるんだろうか?
どんなことに違和感を感じるんだろうか?
を知りたくて、

 
自分の感受性を、絶対的に信頼して、
自分をいろんなところにぶっつけてます。

普段しない行動、いつもは控えている言動を
やってみています。
新しい人と出会ったり、
読む本のジャンルの幅を広げたり。

  
 
たとえば、最近の私の行動。
 

事前のアポなしで、今日お茶しませんか?と誘ってみた。
(以前なら、迷惑かもってやらなかったけれど、
 誘ってみたおかげで、楽しい時間を過ごせた)

その場のメンバーが肯定的に頷いているような場面でも、
違和感を感じたら、質問したり、自分の考えを伝えた。
(初めは勇気が要るけれど、絶対に殺されはしない(笑))
 
  
 
いつもは全体を考えて、最後に発言したり、
時間を気にして言いたいことの半分も言わなかったのを
言いたいときに、言いたいことを話した。
(それによって、目の前の人達の目がパッと開いて、
 芋づる式に化学反応が起こるのを感じる喜び。
 私が見えているものを言葉にして伝えたことで、
 私が見えているものをもっと出して欲しいと言われる)
  
 
不快な感情、違和感を感じた時に、
私の捉え方が悪いんだと自分の思考癖、価値観に原因を探って
自分の中で処理して、丸く収めていた部分も
高いところに昇ってみて、ほんとにそう?
って構造全体を考えるようにした。
(自分イジメから、解放されてよいって許可が出せた)
 
 
人の悪口になっちゃうかも、と、
ずっと納得いかず自分の中に抱えていた想いを
信頼のおける人に打ち明けた。
(受け止めてもらえて、とてもラクになったし、
 私以外にもしんどいと感じている人の存在に気付けた)
 
 
あまり自分の過去の話をしなかったけれど、
メルマガの場で出してみた。
(嫌われるのが怖いと思っていたけれど、
 案外そうでもなかった) 

そんな風にして、いつもとは違った行動をして、
場に、人に、いろんな自分をぶっつけているうちに、
あぁ、私って、こんなことに喜びを感じる。快感を覚える。ラクになる。
って分かるんですね。
 

そのときに自分の感情と一緒に、周りの反応を観察してみる。
すると、自分の行動と、周囲が受け取ったものがピタってあうのが見えるし、
万が一、自分が気付けなくても、周りがちゃんと教えてくれます。
  
 
 
昨日のメルマガでも書きましたが、
いくら自己分析してても、魔法の質問に答えても、
1000本ノックをやっても、自分内観日記を一人でつけても、
(これも、自分を質問にぶっつけるといういう行為で、大事です。
 でも、これだけだと、自分の家の中にいるのと同じ)
 
 
その結果出てきた自分を、実際に外に出さない限り、
ほんとのところは分かりません。
 
 
自分って、こんな想いを持っていたんだ!
こんな価値観の持ち主だったんだ!
これを大事にしたかったんだ!やりたかったんだ!
 

スタートはまずは自分を知ることだけど、
知ったら、そういう行動をして、現実世界に出してみること。
  

世界観のアップデートをやっていく中で、
最近の私の最大の気づき
 

「なぁんだ、自分にやっていいよって許可するだけだったんだ!」

 
やっていいよ、って許可が出せたら、
いろんなことにトライできる。
トライできたら、色んな自分を発見できる。
周りがそれを見ることで、自分の価値を教えてくれる。
 

よく言われる、「まずは、やってみよう」「いい子ちゃん、やめよう!」って、
そういうことなんだ!ってね。 

最後に、最近私が感銘を受けた言葉をシェアします♪

私は感性主導で、世界観アップデートすると決めて、
いろんな自分をいろんな人、場にぶっつけてみようと思ったのは、
この文章にインスピレーションを受けたから。

「芸術は爆発だ!」で有名な岡本太郎氏曰く

感性をみがくという言葉はおかしいと思うんだ。
感性というのは、誰にでも、瞬間に沸き起こるものなのだ。
感性だけ鋭くして、みがきたいと思ってもだめだね。
自分自身を色々な条件にぶっつけることによって、
初めて自分全体の中に燃えあがり、
広がるものが感性だよ。 (『強く生きる言葉』)

 

この言葉を読んだとき、

巷で言われている「感性を磨く」という言葉の違和感を
微塵に砕いてもらったような気がして、
スカッ!とするのと同時に、

 
私も「自分を色々な条件にぶっつけることによって」
自分の感受性、感性から、
ほんとの自分に火をつけたい!って思ったんです。
 

私は何がしたいんだろう?

もし、そんな風に思っているのだとしたら、
あなたもぜひ、
いろんな条件に、あなた自身をぶっつけみてください。
 
新たな自分を発見し、火がつく瞬間が待っているかもしれません。

今日もお読み下さり、ありがとうございます。

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

 

無料メルマガレッスンのご案内

女性をパワースポットに♪
幸せの限度枠を無限大にしたい女性の為のデイリーメルマガ

無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA