これからの時代の「場」の選び方

ほんとの自分で世界と繋がり、
心地よい幸せと豊かさを育もう。

こんにちは。若野さきです。

6月最後の週末、
あなたはいかがお過ごしでしたか?

  

私は、週末は両日とも、
三郎と次郎の野球の応援でした。
結果は残念でしたが、
区選抜チームに選ばれてから、初の試合で、
次郎のスリーベースヒットを見られたのは、嬉しかったです♪

そうそう、子どもの野球と言えば、
最近のマイブームは「おにぎりらず」です。

子どもの野球のサポートといえば、
物理的には
お弁当づくりと、洗濯と、お当番。

でね、コロナの影響で、
子どもの野球の時のお弁当事情が一変しました。
食事NG。
基本、お弁当なし。

飲食禁止という建前だけれど、
どうしてもお昼またいで試合とかになると、
簡単にすぐに食べられる、
「おにぎり」と「ゼリー飲料」の捕食のみOKとか。

なんだかねぇ。。。

食べる喜びのために生きていると言っても
過言ではない私なので、
子どもも私も、おにぎりだけ、とか、
悲しすぎるのです。

というわけで、
最近は、何年か前に流行った「おにぎりらず」
 


ご飯とおかずを海苔でくるで、真ん中で切ったコレ
                ↓ 

 

ご飯とおかずを一緒に食べられる一石二鳥の代物です。
考えた人、すごいわ。

昨日の具は、
豚肉とピーマンを甘辛く炒め煮にしたのと
ハムエッグチーズと。

絶賛、中身のバリエーション研究中なので、
もし、この中身美味しいよ!とか、
こういう組み合わせもいいよ!とか、
オススメあったら、ぜひ教えて下さい!

 

さてさて、先週の土曜日夜は、
私の主宰する「幸さきサロン」の
オンラインワークショップでした。

6月ももうすぐ終わり。
令和3年の折り返しで、
時期的にも「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」シーズンですので、
サロン内で「夏越の大祓ワークショップ」
を開催しました。

聞き慣れない方には
なんだか空恐ろしそうに聞こえる
「大祓(おおはらえ)」  

半年の間にたまった
「つみけがれ」を祓う行事のことです。
 

  
すごい悪い罪をしたり、
何かに呪われている人がするもの?
みたいに思われがちですけれど、
 

そうではなくて、
(もちろん、そういうものをお持ちの方にとっても
大事な儀式ではありますけれども)

 
「つみ」とは、 
日々のお掃除ではぬぐいきれない
時間と共にちょっとずつ積もり積もった
チリやホコリのようなもの。
 
 
毎日歯磨きしていても、
ちょっとずつ溜まってしまう、
歯石のようなもの。
 
 
 
誰しも、半年のうちに
身体や心や頭にいろいろため込んでしまいますよね。
 
 
 
「けがれ」とは、
なにが具体的にどうという訳ではなく、
 
 
ただなんとなく、モヤモヤしたり、
ただなんとなく、ウツウツしたり、
ただなんとなく、モンモンしたり、
ただなんとなく、イライラしたり、
 
 
気が枯れている状態。
 
 
 
半年に一度、
身体、心、頭にたまったものを
スッキリきれいに洗い流して、
また次の半年をリセットした自分で生きましょう。
というのが、「大祓」です。
 

 

今回の幸さきサロののワークショップでは、
大祓には欠かせない、
大祓祝詞(おおはらえのりと)についてお話しして、
実際に私が奏上し、
日本人と水についてお話ししたり、

幸さきサロンメンバーと
けがれのモヤモヤを出しあって、
それをトイレットペーパーに書いて、

「じゃ、今からトイレ行って、流しますよ~!」

と「大」で水に流して、
スッキリしましたよ(笑)

それから、みんなで、
それぞれのリセット方法をシェアしあいました。
 

 
なるほど~、なリセット方法やら、
おもしろくて笑っちゃうリセット方法やら、
私もやってみたいなって思うリセット方法を知ることができました。

幸さきサロンのオンラインワークショップは
みんなが主人公でやっているので、

極力みなさんに発言していただくんですけれど、
毎回、みなさん、楽しくて笑ってばっかりです。
私が一番わらっているかも、ですけれど、 
ほんと、楽しい。

「おやすみなさい~」とZoomを切った後も、

なんだかお腹のあたりが温かくて、
ほっぺたがちょっと上がったような感覚になるんです。
 

 

毎月の幸さきサロンは、テーマは
「自分とつながり、ほんとの自分で世界繋がる」

ために、私がメンバーの状況を感じ取って、
テーマ選びをして、
はじめの一石は場に投じますけれど、

あとは、場に集まったメンバーとのやりとりの中で
色んな発見をしあっています。

誰かがいることで、
自分の輪郭がクリアになる。

誰かがいることで、
自分の内面から知らなかった自分がひょっこり顔を出す。

誰かがいることで、
出てきた自分をその場に出してみたくなる。

「場」の力で、
一人では絶対に到達できない領域に
足を踏み入れることができるんです。
だからこそ、
自分でも知らなかった自分に
繋がることが出来るんです。

やり方やスキルを学ぶような場ではなく、
内面的な部分をメインテーマにする場は、

「誰か」は誰でもイイわけではなくて、
「場」はどこでもイイわけではなくて、

信頼出来る人、信頼できる場
安心出来る人、安心できる場

でなきゃならないですね。

少なくとも、幸さきサロンは、
信頼できる場、安心できる場、
ハンモックのような場でありたいと
常々思っています。

 


前回のメルマガでも書きましたけれど、
「生まれ直し」をやっている方が
私も含めて、
私の周りにも、
世の中的にも多いですけれど、

新しい世界に生まれ直すときに、
ちょっと注意しておいた方がいいなということがあります。

生まれ直すと、世界が変わります。
今までの人や場との関わり合いが変化して、
新しい人や場との関わり合いに移行する方も増えてきます。
 

 
実際、最近の個人セッションのご相談で、
新しい場に参加しようか迷っている、
というご相談も受けました。
  

 

私自身、これまで、
様々なタイプのオンラインコミュニティに関わってきましたし、
今も、自分のオンラインサロン以外にも
運営側だったり、参加者側だったりで
関わらせて頂いていたりしていますけれど、

間違いなく言えるのは、
主催者の「あり方」がまず最初に、
「場」に反映されるということ。
あたりまえのことなんですけれど。

そして、
主催者のあり方に共感して
場に集まった人達と主催者とが、
お互い影響し合いながら、
「場」を作り上げていると言うこと。

人が場を作り、
場が人を作っていく。

何年も成長し続ける場も、
ただあるだけで癒やされる場も、
終了後もなお心に残っている場も、
空中分解した場も、
自然消滅した場も、
反乱が起きた場も、
実際、場にいて、知っていますけれど、

参加者側の立場とすれば、 
まずは、主催者が
どんな思いでやっているのか、
それを知って、感じ取ることかなって思います。

その思いは、自分の生まれ直した世界と
一致するのかな?って自分に確認する。
    

 
そして、そこに集まっている人は
どんな人達なのかなと
観察してみる。
その人達は、その場に関わることで 
どんな風に変化してきたのかなと
観察してみる。

その人達と関わることで、
自分はどうなったらいいなと思っているのかな?
と想像してみる。

ついつい、
主催者や場が提供するもの、サービスに

目が行きがちですけれど、
サービスは副産物であって、
その根底にある、主催者の思いとか
その場に集まっている人達のエネルギーの方が
よっぽど自分に対する影響力が甚大ですから。
  

 
これ、分かっている人少ないですけれど、
メチャクチャ大事。

現世御利益的なものも
もちろん惹かれていいんですけれど、
自分より、相手よし、社会よしの、
三方よし、と見せかけて、
そうなっていない場合もあったりするので、
本当に注意が必要です。

特に、今のような時代の混乱期は玉石混淆ですから、
ちゃんと自分の目で事実をとらえて、
自分で感じて、関わる場を選んでいかなきゃです。

主催者側としても、参加者側としても、
自戒を込めて。

本来のあなたに相応しい場に出会えますように。
本来のあなたに相応しい場を創造していけますように。

今日も受け取りくださり、ありがとうございます。

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA