ママファースト

お花を通じてママの魅力UPを考える若野さきです。

先日の七五三ブーケを持って、
少し早めの七五三詣でに
春日大社に行ってきましたとお写真頂きました。

お花が描かれた赤いお着物を着たMちゃん。
手にはあの七五三ブーケ♡
参詣道では注目の的だったとか。
「いやーん、Mちゃんにぴったり!可愛すぎる~♡」
女の子ってなんて可愛いの~!
なに、このちっちゃな手。
そしてこの気取ったブーケの持ち方!
キュン死しちゃ~う♡
と、写真を拝見しながら、
一人興奮しておりました。

うちは男の子三人。
三人目、迷ったんです。
三人も子育てできるのか、
もし三人目を授かるなら、
絶対女の子が欲しかった。

40歳を目前にして、
お友達から産み分けの本を頂いて、勉強しました。
実践したのはタイミングだけ。
女の子を授かりやすくするために
女性側を酸性にするピンクゼリーなどは使用せず。
マレーシアは産み分けに対してはオープン。
産婦人科医はたいてい産み分け指導してくれます。
本気でやろうと思えば、できた環境だったのですが、
授かりものだと思うから、
私たちはそこまで踏み切れず。

妊娠4か月の検診時に性別が分かった時は
泣きました。
あぁ~、私は女の子は産めないんだって。
分かってるんですよ。
子供に恵まれたことは
何よりも奇跡で、ありがたいことだってことは。
でも、本音のところで
泣いてしまった。

三姉妹の長女だった私に対して、
オットは男三兄弟の長男。

しかもオットの父親も三兄弟、
オットの祖父も2兄弟。
ちなみにオットの父親の弟も息子二人。
オットの弟も息子二人。
何なの?!この男家系!

オット家系じゃ、女の子出てこない!

2年前の3月、
かわいいおちんちんをつけて
三郎誕生。
生まれてしまえば、
とっても可愛いし、
この子が女の子だったらなとは
全く思わないんですけどね。

三郎はThe男子。
お腹の中から暴れん坊で、
私の肋骨折れるんじゃないかというくらい
母を蹴っ飛ばし、
生まれてからも
誰かれかまわず、
アンパンチとアンキックです(苦笑)
女の子とは程遠い。

マレーシア人は思ったことをずばっと言うので、
三人目男の子だと知ると、気の毒そうな顔をして、
“One more try!”
子供4人なんて私には無理!
その度、イラッとはくるんですけど、
子だくさんマレーシア人からすれば、
もう一人どうよって普通の感覚みたい。

もう一人は絶対にありえないので、
これらから先も、子供は三人です。
でも、息子三人に囲まれているおかげで
必然的に我が家は私だけが女。
実はこれ、私にとっては、結構ありがたい環境。
オットにとっては、
私が息子にとられるという現象は発生していても、
私にとっては、
オットが娘にとられるという現象は発生しえない。

嬉しいことに、
「ママファースト文化」が我が家にはあります。
(遺憾ながら、今のところ、三郎は適用外)
これはオットと太郎の貢献度が高い。
食事は私が着席するまで手をつけないとか、
荷物はオットや太郎が率先して持つとか、
週末の外出先では三郎の面倒はオットが見るとか。
もし、三人目が女の子だったら、
末娘ファースト文化になっていたよね。きっと。

そして、私はお花から色気を頂いているので、
男家族に囲まれながらも、
オヤジ化を免れているのです(笑)
プリザーブドフラワーのおかげで
今回のような七五三ブーケのご依頼時には、
女子ママ気分も味わっています♡

我が家の男性陣とプリザに感謝です。

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88
———————————————————————
子育て中のママだって、浮雲のような転勤妻だって、
あなたの美を呼び起こし、
ずっと枯れないプリザのように
花のキャリアと花のある女性を目指すあなたをサポートします。
時間と場所にとらわれない、
オンライン プリザーブドフラワー プライベートスクール(通信教育)まもなく開校です。
 
ご興味あるかたはこちらからご連絡ください。 
名古屋近郊の出張レッスンは随時受付中。
ご予算に応じたギフトオーダーも承ります。

 


無料メルマガレッスンのご案内

自宅をパワースポットに♪

幸せの限度枠を無限大にする「愛され妻」になるレッスンを、無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA