MBAよりMFA~ちゃんと感じてる?~

これからの時代は、
論理や理性駆動ではなく、
直感や感性駆動へと大きくシフトしていくと私も感じています。
 

MBAをお持ちのTさんを前に申し上げるのも
少々恐縮ですけれど、

実際、世界のエリートは、

MBAよりMFAへ

だそうです。

あ、アメリカのバスケットリーグじゃないですよ。
 

MBAは、超エリート超優秀ビジネスマンの証、
あのMBA(経営学修士)です。
データや事実に基づき論理的に思考し、
現行の法律に照らし合わせ、
世論や市場調査を通して、
世界の人の望みを叶えるビジネスを学んだ方達。
書いているだけで、超、優秀そう(笑)

 
 
一方、MFAとは、あまり聞き慣れないかも知れませんが、
Master of Fine Arts 美術学修士のこと。
自分の感覚や直感を信じて、
世の中の既存のルールや秩序にあわせるのではなく、
自分の道徳観、自分の哲学、自分の世界観に照らし合わせて
自分の感性で表現し、答えを導き出す学びをした方達。
書いているだけで、超、自由そう(笑)

 
論理よりも、感性へ。
世の中一般の基準から、自分基準へ。
 

昨今では、MBAよりもMFAの取得を目指す人が増えているんだとか。
 

別にエリートにならなくていいし、
MBAとか、MFAとか、
難しい称号を抜きにしても、 
 
 
これからの時代、
世間一般ベースの論理的思考か?
自分ベースの感性か?
どちらがまず必要になるか?といえば、

やはり、自分べースの感性だと思うんですよね。 
 

自分には感性なんて無縁だ、関係ないって思っていてもいいけれど、  
今は正解のない時代。
 
 
 
データの向こうの個人は多様化して、
数字の枠に収めるのはなかなか難しいし、
世論や市場調査は作意や歪みだらけ。
そんなデータを基に判断し、考えることの意義にも疑問を感じます。
しかも、そのデータ処理のほとんどを
人口知能AIがやってくれる時代なのですから。

  
 
コロナが世界に変われと号令をかけている中、
ルールや法律は現在に追っつかないほど、
朝令暮改。

 

そんな状況なのに、
論理的思考で、現状をどう変えようってゴールを設定しにくい、
本当に難しいと思うんですよね。
  

データや数字が真実?
法律や世論や会社のルールが正解?
世間や会社に受け入れられるものが美しさ?
 

コロナは私たちに、
それ、ほんと???
と疑問を投げかけていると思うんです。
 
 
ノーデータ、ノールール、ノー大衆の時代では、
自分を幸せに導く鍵は、
自分の感覚、自分の哲学、自分の審美眼。

 

論理的に指し示されたドライな目的地(売り上げ、効率、利益率)に
既に意味を失っているのなら、
全力でそこから脱却して、
ほんとのところ、自分はどう感じているのか?
何を大事にしたいのか?どう生きたいのか?
に正直にならなきゃならない。

 
 
 
自分の感性を信じられない人は、
いつのまにか誰かに自分を乗っ取られ、
表面的な論理の世界に安住しているうちに、

自分の幸せではなく、
世界を支配する誰かの幸せに貢献することになる。
 

こわくないですか???

 

私は、こわい。
 

 

あれあれ、
こんな小難しいことを書くつもりじゃなかったけれど、
とにかく、お伝えしたいのは、 
まずは感性大事にしようよってこと。

ちゃんと、感じてる?

 

あまりにも長く論理の世界に居続けると、
感じるってどうするんだっけ?
ってセンサーがにぶーくなる。

 

自分が本当のところ、何を大事にしたくて、何を目指したくて、何をやりたいのか?
それが分かった後でこそ、
論理的思考というのは、本当の意味で効果を発揮すると思います。
(論理的思考がいらない、というのではなく、まずは、感性が先だということ。自分の感性を現実に落とし込むには、論理的思考は必要だと思います。)  

 

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA