黄色のちから

お花でママの魅力UPを考える若野さきです。

今日は子供の話を少し。
先週の土曜日は授業参観でした。
普段、学校での自分の子供の様子を
見ることはできませんから、
たとえ、猫をかぶっていたとしても、
授業参観は学校での子供の様子が
うかがえるいい機会ですよね。

授業の方は、三郎がちょこまかしたり、
泣き出したりで、ゆっくり見れませんでしたけど、
太郎は 相変わらず、
発言しないが、黙々と課題をこなし、
次郎は 想像どおり、
身体を動かせる課題には
(足し算じゃんけんとか、音楽の手遊びの時間とか)
積極的に取り組んでいるようでした。

授業もさることながら、授業参観では
教室の壁の掲示物を見るのも 親の楽しみ。
絵、習字、植物の観察記録、当番表など。
授業を見学するより、
展示物の方に目がいってしまいます。

写真は壁に掲示されていた太郎の作品。
図工の時間に、
読んだ本の情景を絵に描いたそうですが、
絵の下に本の題名とコメントをつけるですね。
「〇〇が空を飛んでいるところ」とか、
「○○と○○が仲直りしたところ」とか。

太郎のコメント
「ぼくは このえを 楽しいえに
したいと思ったので、
きいろをいっぱい つかいました。」

!!!!!

私、びっくりしました。
小学校3年生にして、
「色のちからを知っている!」って。
誰に習ったわけでもないと思うんです。
私も敢えて言った記憶もないし。

※黄色のイメージ※
・黄色のプラスイメージ;明るい、楽しい、活発
にっこり笑顔のスマイルマークも黄色ですね。

・黄色のマイナスイメージ;危険、緊張
信号機の真ん中のライトはご存知のとおり、黄色。
9歳の子供が、
黄色が楽しい気分になる色だと感じていて、
さらにそのことを言語化している!

お花って本当にいろんな色がありますよね。
お花の数だけ色があるって言っても
過言ではない位。
私は作品を作る時には、
特にお花の「色」に気を配ります。
出来上がった作品の印象は色に左右されますから。

私がプリザーブドフラワーでのギフトを作る時、
ギフトを受け取る方が、どんな性格で
どんな環境にいらっしゃって、
贈り手がギフトを受け取る方にどんな気持ちに
なってほしいかをイメージして作るんですね。
そのためにどの色の力を借りようか。

自宅にお花を飾る時は、
私を含めて家族がどんな気持ちになりたいか
考えてから活けてます。
その時も、どの色の力を借りようか。

9歳児太郎も同じことを考えて
作品作りをしていたとは!
(ちょっとクマの目こわいけど(笑))
我が子の感性と成長に
嬉し驚きの壁絵参観でした。

img_3253

無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA