ママは欲張り

【ママは欲張り】

お花を通じて忙しいママを潤い満たす プリザーブドフラワー講師
プリザママ 若野さき です。

花が過去の思い出を引き出してくることありませんか?
最近ちらほらとチューリップをみかけます。
まだまだ寒いけれど、確実に春は近づいていているんですね。

私の花史上、最大の思い出がある花がチューリップ。
そう、「さいた~、さいた~、チューリップの花が~♪」
のチューリップ。
幼稚園児でも知っている春に咲く球根花。

当時、私は大学生。
勉学にアルバイトに恋愛に忙しい、
いわゆるフツーの大学生でした。

育英会の奨学金をもらう大学生だった私は
アルバイトもいろいろしていました。
塾講師、アンケート収集、
お寺の受付、遺跡の発掘(いかにも奈良っぽいでしょ(笑))
百貨店の文化サロンの受付、百貨店のミュージアムなどなど。

まだジャケットが手放せないくらいの寒さが残っている春先、
大丸梅田店の文化サロンでの受付のアルバイトが終わって
ホテルグランビア大阪とJR大阪駅の間の
従業員出入り口の薄暗い階段を下りていくと、
スロープに当時付き合っていた彼氏が立っていたんです。

そして、

淡いピンクのチューリップの花束を手渡されました。

その日は誕生日でもクリスマスでもなんでもなかったんです。
思いかけず彼が立っていて、
チューリップの花束をもらうというサプライズ。
心臓が突然がばっと開いて
身体の中から大量の感動の粒子が
外に向かって流れだしたのを
今も身体がはっきり覚えています。

・予想もしていなかった
・好きな人から花束をもらった

この2点が私の心を動かして、
一生忘れられない思い出になりました。

きっと花なんて買ったことのない彼は
お花屋さんで戸惑ったことでしょう。
私を喜ばそうと考えて行動してくれたことが
とってもとっても嬉しかったんですね。

彼とは就職で離ればなれになり、
遠距離恋愛がうまくいかず、
別れてしまったわけですが、
別れた後もしばらくはピンクのチューリップを
涙を浮かべずには眺められないという事態に陥りました(苦笑)

もちろん今はピンクのチューリップを見ても
そんなセンチな気持ちにはなりませんけれど、
私の人生を彩った花として、
これから先も淡いピンクのチューリップは大好きです。

女性なら誰しも、口には出さなくても
ロマンティックなことに憧れています。
うちのママはそんなことない!って思ってません?
それは大間違いです。

世のパパさんたち、
結婚後、ママの心をときめかすという大事なお仕事を
テレビの中のアイドルか、
俳優にまかせっきりにしていませんか?
ママ達がアイドルグループに熱狂したり、
俳優に陶酔しているのはロマンスを求めているから。

けれど、リアル世界で
遠の白馬の王子永にならなければならないのはパパなのです。
40になっても、50になっても、60になっても、
公認の白馬の王子はパパしかいないのです。
(離婚でもしないかぎり)

女性は好きな男性が
その女性を喜ばすために努力してくれることを
心の奥で望んでいるけれど、
自分の口からは伝えたくない。

妻になっても、ママになっても、
夫が、パパが、
「自分に尽くしてくれている!」と感じることに
幸せを感じるんです。
でも、それを直接言いたくない。
わがままですね(笑)

パパからすると、
「言ってくれなきゃわからない!何をすればいいか教えて。」
ママからすれば、
「私が言ってやってくれること(強制)には愛がない。
(ロマンスがない)自分で考えて!」
ということになります。

パパは欲しいものを買ってこないと
ママに喜ばれないと思っていませんか?
むしろ「お金の無駄遣いして!」と逆に怒られると。
確かに私のママ友でも
「旦那がえらんだものはセンスがない。
自分の誕生日には自分の好きなものを買わせてもらう。」
って鼻息荒めに話しているママもいます。

うん、わかる。確かに同じ屋根の下で暮らしていても
夫は全然私の趣味わかってない、
せっかくお金払って買うなら
自分の好きなもの欲しいって思いますもん。

そして、パパは「好きなもの買っていいよ。」の一言で、
ロマンスの舞台から降りて、
ママは、自分が欲しかったものを手にして
一人舞台に取り残される。
ちょっとむなしい気持ちになるんですね。

「好きなもの買っていいよ。」
これはロマンスを演出することとは別です。

気持ちを伝えるプレゼントと
物の所有権を与えるプレゼントとは別のもの。
ママが欲しいものをプレゼントするのは、
物の所有権を与えること。
ママは喜びますけれど、突き詰めれば、
物欲を満たしてくれて嬉しいということです。

ママは物欲と同時にロマンスも求めているのです。
誰に求めているかは、
明白ですね。

ママって欲張りでしょ(笑)
でもそういう生き物なのです。

ママの永遠の白馬の王子パパさん、
ママをもっと満たしてあげてくださいね。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA