家庭を運営する為に大切な視点

資本主義社会で生きていると、
いつのまにか、
お金至上主義がしみ込んでしまって、 
活動の目的、
働く目的が、
お金を稼ぐことに置き換わってしまいがちですよね。

 

もちろん、お金を手にすることは
生きていく上で必要だけれど、
お金を追いかけて、
それを人生の目的にしてしまうと、
自分の周りのすべての人、出来事が
お金に置き換わっていってしまいますね。
  
人が札束になったら、コワイ、コワイ。

 
 
専業主婦がお金を稼げないからダメ
という思い込みはしんどいものです。

私もそうだったので分かります。

ビジネス=起業家の愛→新しい価値の創造→誰かの幸せ→感謝→お金
 

ビジネスを家庭運営に置き換えるとき、
 

家庭運営=夫婦の収入+家事分担+子育て

といったある程度必要な事が決まっているとした上で、
夫と妻と二人で、足し算しあう構造で捉えるより、

 

家庭運営=家族への愛情→家族の元氣、健康、愛を育む→家庭外での活動のエネルギー→自分を含めた家族それぞれの成果、収入
 

と、円環的な流れで捉える方が、
夫婦間で負担を押しつけ合うのではなく、
夫婦で家庭全体の豊かさを増幅させることに
意識を向け合えるのではないかと感じています。
   
 
 
自分が与えた分を、
自分が取り返そうと躍起にならず、
自分が与えたものが、どこかで誰かの役に立ち、
その誰かがまた他の誰かの役に立っていけば、
それこそ、自分が与えたものは、
どんどん増幅していきますね。
 
子育ては、その典型だと思います。
  

  
特に女性は育むのが得意な性。
 
 
家庭を育んでいることをポジティブにとらえると、
先ほどの家庭運営の流れはますますスムーズで、
ますます豊かになると思います。

 

それは、専業主婦であろうが、働いていようが、
夫婦であろうが、シングルであろうが、
子どもがいようが、いまいが、
関係ないですよね。
 
 
全ては、「愛」がスタート♡
 
 

 

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA