ネガティブシュミレーションも悪くない

本日、結婚記念日。
     
夫は海の向こうで大冒険中につき、
時差もありつつ、別々の場所で14回目の結婚記念日を迎えました。
  

久々にドイツの夫から長いメールが届いていました。
海外、しかもコロナ第二波のヨーロッパで一人暮らしを始めた
夫の寂しさも不安も、家族への愛情も受け取りつつ、
冬でもとっても温かい夫の手を恋しく思いつつ、
私は夫の潜在的なエネルギーとポテンシャルを信じているので
夫の大冒険はきっと大丈夫!と思っています。
 

生きていたら、不安がない、なんて、あり得ないし、
逆に、いっぱい不安になれる人って、
周囲に対してアンテナがたくさん立っていて、
いろんな気を回せる人だと思うんです。
  
 
ただ、過剰な不安って、本人はしんどいし、
自分以外のコントロールできない、
自分のそとの事に心奪われている時でもあったりします。
  
 
でも、気になっちゃいますよね。
周りのこと、未来のこと、コントロールできないこと。
 

ネガティブシュミレーション、やってイイと思うんです。
こうなっちゃったら、どうしよう?って考えてイイと思うんです。
だって、考えないようにしようと思っても、考えちゃうでしょ。
(私は考えちゃう。)   
 
 
で、考えちゃった後に、
「ほんとにそうなるって、誰が決めたの?」
って自分に聞いてみると、
単なる自分の演出、思いこみに過ぎないって気付くこともあるし、

「不安を先取りして、しんどくなるなら、やーめよ。そうなった時に考えよ。」
って思うこともあるし、  
 

不安はありたい未来とのギャップだとしたら、
「本当はどういう状態が幸せなんだ?」
って、あるべき姿を考えるきっかけになったりすることもあるし、

ネガティブシュミレーションやってみて、
「今、自分ができることって何?」
って自分に聞いてみると、周りじゃなくて自分に集中できたり、ね。

 
ネガティブシュミレーションも悪くない(笑)
 

私、昔は商社のアパレル部門で9年間働いていたんですけれど、
 
 
新入社員の頃、取引先のイケメンだけど口厳しい太郎さんという人に、
「危険予測して動いて下さいよ!」
って注意されたことがありました。

 
当時は、海外とのやりとりとか、
通関とか、外為業務をやっていたんですけれど、
いやいや、為替って予測とかできないし、
通関だって、抜き取り検査になるとか、
いつ通関切れるか分からんしって、
ムッとしたのを覚えてるんですけど、
 
 
一方で、危険回避のために自分ができることは何かな?
って意識するきっかけにもなりました。
(そういう意味で、当時の太郎さん、ありがとうございます。
 いっぱい鍛えられたけど(笑))
  
 
今、自分ができることやって、
ダメだったら、もうどうしようもないでしょ?
という開き直りでもありますけど。
   
 
 
結局ね、「今」は、「こうありたい」のために使わなきゃね。 
 


(夫から届いた写真)

ということで、ドイツビール一緒に飲まなきゃねぇ。
こんな状況だけれど、
私はマイル貯めてヨーロッパ行くぞって思っています。

そんなことを思った14回目の結婚記念日でした。
  

 
 

 

 

 

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA