はずれ者のススメ

本心の自分で世界と繋がり、
心地よい幸せと豊かさの限度枠を広げていこう!

若野さきです。

昨晩は、幸さきサロンの月一回のZoomワークショップ。
  

雑草研究家の稲垣栄洋さんの
「はずれ者が進化をつくる」

に大きくインスパイアされて、

「生物学 x 自分の生きる場所」

をテーマにした
オリジナルのワークショップを開発しました♪

サロンメンバーの過去の生態域を
物理軸、時間軸で切り取って、振り返り、
これから生きていく場所を探っていっていたら、
21時半からスタートし、
気付けば日付が変わっても、盛り上がっていました。
 

私が人生に迷うとき、
立ち戻るのは「生き物のルール」。
わたしもあなたも、
地球に住む生き物として、
今、生きていますもんね。
生き物の大前提にはあらがえませんよね。

生きている環境が大きく変化した時、
生き残れるのは、進化できた生き物だけ。

これが、生き物の世界のルール。

研究によると、
滅びず進化できた生き物の種は、
いまある環境の平均値から
大きくはずれていた個体がいたおかげだそうです。

ニュージーランドのキウイ(鳥)が
鳥なのに飛べないという
鳥の世界では、たいそうなはずれ者なのに、
種として繁栄しているのは、
天敵がいないエリアに生息し、
飛ぶことにエネルギーを費やすのをやめ
卵を産むエネルギーに費やしたからだそうです。

 
へぇ~! ですよね。

でね、まさに、私たちが生きる今、
コロナとか、ブロックチェーンとか、
世界が一気に書き換わり、
私たち人間は大きな進化を迫られている時ですね。

ひとりひとりの人間におきかえて考えてみると、
世の中が変化しているのに、

今までの世の中の正解、
今までの世の中の成功、
今までの世の中の幸せ、

を追い求めて
世間一般の平均値でいようとすればするほど、
リスクであって、
最悪、滅んでしまうってこと。

みんなが、OOしているから、
みんなが、OOを持っているから、
みんなが、OOを買っているから、

って、「みんな」に合わせるのが危険ってことですね。

鳥だったら、飛ばなきゃいけないって誰が決めたの?

ってキウイは言いませんけど、
でも、そうやってみんなに合わせず、
本来の目的(種を繁栄させる)を果たす為に、
はずれ者であることを選択してきたんですね。

大変化の時代を生き残っていくには、
自分にとっての本来の生きる目的を忘れずに、
自分の中の「はずれ者」要素を認めて発揮していく、
これが、新しい時代をスイスイ生きていく秘訣♡

☆期間限定☆無料プレゼント

ホテルのスイートルームで5万円で開催した満員御礼パートナーシップセミナーをバージョンアップしてエッセンスを凝縮した「オンナのたしなみ基礎講座~上質女性のパートナーシップ」動画を期間限定でプレゼント中♡

無料メルマガのご案内

若野さきの公式メルマガ「幸さき通信」
本心の自分で世界とつながり、心地よい幸せと豊かさを受け取るヒントを無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA