空白の自由時間なんてもったいない!

お花でママの魅力UPを考える若野さきです。

出産後、女性は時間の使い方が180度変わりますよね。
私もそうでした。
出産前のお仕事は総合商社のアパレル部門で営業事務。
受発注、契約書作成、L/C開設、入出金、伝票処理、
在庫管理、サンプル作成手配、輸出入通関手続き、
取引先との打ち合わせ、国内、海外出張などなど。

営業はお客さんとお客さんとの間に入って契約をとるのが仕事、
営業事務はその契約にまつわるすべての実務
といった感じの仕事分担で、
当時は残業が当たり前、忙しい時は休日出勤。

子育てしながらこの職場に復帰することは不可能だと思い、
出産を機に退職。
やりきった感もあったので、名残惜しいとは思いませんでした。

「仕事=私の人生」かのような生活環境から一転、
突然 専業主婦に転身。

はじめのうちは、朝のラッシュに巻き込まれない幸せ、
時間に追われない幸せを感じていました。
けれど、あれだけ毎日忙しくて、
時間ができたらあれしよう、これしたいと思っていたはずが、
急に会社から切り離され、
昼間は一人ぽつねんと、大きなお腹をかかえて
出産準備以外、何をするでもなく、部屋で過ごし、
太郎の出産を待つだけの日々。
あれ?私は自分の時間ができたら何をしたかったんだっけ?
思い出そうにも思い出せない。

忙しい、忙しい、
時間が欲しい、時間が欲しいって思っていたのに、
いざ自由時間ができると、
その時間をどうやって使っていいかわからない。
出産前の3か月の空白時間。
作って食べて寝て、作って食べて寝て…。
母子手帳に「体重注意」の赤文字!

体重15kg増したところで、太郎を出産。
生活はまた一転。
新米ママ生活のスタート。
すべての時間を太郎に捧げていました。
昼夜問わずの授乳、おむつ替え、ぐずり泣き。
人生初の24時間労働。
心身ともに疲れ果て、
再び自分の為の時間を持つことを夢見ていました。

子供との生活リズムに慣れるまでは、
連続した睡眠時間が欲しいと切望。
徐々に赤ちゃんの夜の睡眠時間が伸びてきて、
ママも身体を休められるようになると、
自分の為に〇〇したい、○○行きたいと
自分の為の自由時間が欲しくなるのです。

漠然と「自由時間があったらな~。」と思っているのは
単なる「ないものねだり」、「現状への不満」。
いざ自由時間ができても、
何をしていいか分からない状況に陥ります。
私の出産前の空白の自由時間のように。
嘘のような本当の話。

仕事に、家事に、育児に忙しくて、
自分の為の自由時間が欲しいママ、
忙しいうちに自由時間に何をしたいか
書き出してみませんか?

具体的に。とっても具体的に。
おいしいもの食べたい!
おいしいイタリアンが食べたい。
イタリアンの△△レストランに食べに行きたい。
その△△レストランのウニパスタが食べたい。
お誕生日か結婚記念日か、お祝いに食べに行きたいな。
子連れで入店できるかな。
定休日いつだろう?

ほら、もうレストランでオーダーしている位の気持ちになりませんか?

漠然とした「なんかおいしいもん食べたいlという
欲求の輪郭がどんどんはっきりしてきて、
妄想で終わらせないために
次は行動にうつしたくなってきますよね。

まずはそこから。
忙しい時に、具体的に、とっても具体的に、
やりたいことを書き出す。

それが、自由時間を手に入れて、
それを無駄にしない為の第一歩だと思うのです。

img_3092
———————————————————————
子育て中のママだって、浮雲のような転勤妻だって、
あなたの美を呼び起こし、
ずっと枯れないプリザのように
花のキャリアと花のある女性を目指すあなたをサポートします。
時間と場所にとらわれない、
オンライン プリザーブドフラワー プライベートスクール(通信教育)まもなく開校です。
 
ご興味あるかたはこちらからご連絡ください。 
名古屋近郊の出張レッスンは随時受付中。
ご予算に応じたギフトオーダーも承ります。

無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA