さきの花道~パート2~

お花と女性の魅力UPを考える若野さきです。

女性らしい趣味とすべく、生け花を習い始めた24歳。
正座の辛さに慣れるには時間かかりましたが、
続けるうちに楽しくなってきました。

なんせ、お花を活けている時は、
仕事のことは頭から飛んでいくんです。
枝やお花の向きやら、
活けるのに最適な高さとか考えながら、
花材と向き合ってるときに、
取引先との煩わしいやりとりだとか、
工場はちゃんと船積しただろうかとか、
サンプル資材はすべて送っただろうかとか、
そんなことをあれこれ思いめぐらす余地はない。

1年ほどすると、先生からお免状と華名をいただきました。
華名とは、お花の先生から頂くお名前のこと。
先生のお名前の一文字「華」と
私の名前の一文字「き」をとって「季華」。
今まで使っていた名前の他にもう一つ名前が誕生。
「季節の華」ってとってもきれいな名前で、
とっても気に入っています。

お免状頂いて、華名も頂くと、
生け花の達人に近づいている気がしてしまうんですね~。

お花の道は長く遠い。
お免状はお稽古した回数、年月、
研究会参加回数や試験を経て
ステップアップしていきます。
おおまかにいうと、
初伝、中伝、奥伝、準師範、師範、準教授、教授、門標。

お免状を頂くのにステップアップするごとに
お免状代もステップアップ。
3万、5万、8万、・・・
門標までいくとうん十万です。(当時の値段です。)
花展に出品すると、
出品料、花器のレンタル代、先生へのお礼で10万仕事。

私は結婚して出産後もお稽古に通っていました。
出産後は隔週の土曜日にオットに奈良までお稽古に
連れて行ってもらっていました。
(当時、私はペーパードライバー。)

結婚後、花展に出品し、お免状も頂いたので、
オットにはずいぶん出費させちゃいましたけど、
うちのオットさん、「お花をしている妻」に理解があった、
つまり、「お花をしている私」が好きなんだと思います(照)

師範までお免状を頂いたところで、
オットがマレーシアへ海外転勤。
私も子供も一緒にマレーシアへ渡った時点で
山村御流での生け花修行は一時停止。

マレーシアに渡った後のさきの花道はまた今度。

img_3140

 

———————————————————————
子育て中のママだって、浮雲のような転勤妻だって、
あなたの美を呼び起こし、
ずっと枯れないプリザのように
花のキャリアと花のある女性を目指すあなたをサポートします。
時間と場所にとらわれない、
オンライン プリザーブドフラワー プライベートスクール(通信教育)まもなく開校です。
 
ご興味あるかたはこちらからご連絡ください。 
名古屋近郊の出張レッスンは随時受付中。
ご予算に応じたギフトオーダーも承ります。

無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA