面取り 手間をかけると心が整う

お花を通じて 子育て中のママを潤い満たす
プリザーブドフラワー講師 プリザママ若野さきです。

先日は三郎に温かいコメントをいただきありがとうございました。
とっても嬉しかったです~。

おかげ様でやっと復活しました。
「超回復」ってやつですか?
病気の後って子供は成長しますよね。
突然言葉もはっきりして、3語文話し始めました。
自分の事「ぼく」と言いだしましたよ。
ついでに、仮面ライダーキックのキレも増した、かも?!

成長するには自分の身体と戦って、
解毒することが必要なんですね。

 

それにしても、本当に最近寒いです。
風が痛い。
名古屋の冬本番っていつなんでしょうか?
これ以上寒くなると思うと恐ろしい。

寒いと夕飯は鍋、おでんが多くなりますね。
私が子供のころ、おでんはあんまり好きじゃなかったけれど、
大人になった今、
そして6年ぶりの冬を体験している今、
おでんLOVEです。

おでんって簡単にも作れるし、
手間をかけることもできる。

・簡単バージョン
市販のおでんの素をお湯に溶かして、
具材を鍋に入れて煮る。

・手間かけバージョン
鍋で出汁をとる。
練り物は熱湯で油抜き、
こんにゃくは下茹で。
卵は茹でて、殻をむく。
我が家に欠かせない餅巾着は、
薄上げを熱湯にくぐらせた後、
ポケットを開けて餅を入れて爪楊枝でチャック。
それから、おでんといえば大根。
輪切りにして面取りして、下茹で。
基本的なおでんの大根の下処理。

下茹でしておけば、味のしみがいいですよね。
面取りは少し手間だけど、
これをしておけば、煮崩れしにくいし、
口に入れた時、角が当たらず、食べやすい。
大根に限らず、面取りされた煮物野菜って、
作り手の野菜への愛情、食べる人への愛情を感じます。
野菜が鍋の中でぶつかって痛くないように、
食べる人の口の中に優しく入っていくようにって。

img_4701

私は大根に限らず、面取りしている時、
他の家事はさておき、
「私は丁寧に生活している」と思う、そして心が整うんです。

「具材を鍋で煮る」のは同じですが、
そのまま飛び込んでもらうのと、
それぞれの具材の身支度をちょっと整えてあげてから
お鍋に入ってもらうのとでは
出来上がりに大きな差ができますよね。

時短料理で何品も作る時より、
手間をかけて一品作る方が、
ずっと充足感があるんですね。

家事のすべてに手間はかけられないけれど、
生活の中でメリハリをつけて手間をかける。
忙しい時は、すべてが時短&手抜きになりがちだけど、
それがむしろ自分の調子を狂わせています。
自分基準のここぞというところに、
手間をかけて丁寧に作業をする時間をとることで、
常に走っている自分自身にブレーキをかけて、
本来の自分のペースを取り戻せると信じています。

子育て&家事は忙しい。
時短万歳♪ 手抜き万歳♪
でも、手間をかけるところはかける。
メリハリ大事!

手間をかければ、出来栄えもさることながら、
時間に追われて疲弊していたママの心が整います。
時短&手抜きばかりの生活は、
却ってママの心を蝕んでいたりするのです。
そして、何より、丁寧な仕事をしているママを
子供は見ているんです。

☆お知らせ☆
プリザママキット おうちに福を呼び込む♪お正月花のお申し込みは
12月15日まで。
くわしくはこちらから
img_4709

無料メルマガレッスンのご案内

自宅をパワースポットに♪

幸せの限度枠を無限大にする「愛され妻」になるレッスンを、無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA