プリザとコーヒーのマリアージュからプリザの特徴を考える ~プリザのおはなし 3~

プリザーブドフラワーの特徴って?
本物のお花みたいに柔らかくて、
なのに枯れなくて、水いらないんでしょ。
ご名答!
でも、それだけではありません。
特徴を知ることで、
プリザーブドフラワーの可能性がぐっと広がります♪

ずっと枯れないプリザーブドフラワーを通して、
あなたの中の「美」を見つけ育てサポートします。
育児中でも、
浮き雲のような転勤妻でも、
お花をキャリアに、お花と生きていきたい女性のための
時間と場所にとらわれない
プライベート プリザーブドフラワー通信講座
花満時間主宰 プリザママ 若野さきです。

【プリザーブドフラワーの歴史~プリザのおはなし1~】
プリザーブドフラワーの歴史に加えて、
プリザーブド加工の方法についても
少しお話ししましたが、
今日はプリザーブフラワーと生花との違いを
お話ししたいと思います。

プリザーブドフラワーは
もともとは生のお花なので、
生花と同じ特徴があります。

〇生花とプリザーブドフラワーの共通点
・自然そのままのお花の形
・生花と同じような柔らかさ、フレッシュさ
・生花のような質感

一方で、プリザーブド加工により、
プリザーブドフラワーだけが持つ特徴もあります。

〇生花とプリザーブドフラワーの相違点
 (プリザーブドフラワーの特徴)

枯れない。
 (プリザーブドフラワーは枯れませんが、経年劣化します。)

水やり不要。
 (絶対に水をあげないでね。)
 

花色は自由自在
(自然界にない青いバラだって可能)
 

水分を抜いているため、軽い。
 

着色しているため、退色、移染がある。
 

湿気に弱い。
 (湿度の高い場所に飾るのには不適)
 

直射日光に弱い。
(屋外に飾るのは不適)

花首のみ。

 (最近の一部の商品では、茎から花まですべてを
  プリザーブド加工しているものもあります。)
 
香りがない。

 (ただし、ユーカリやヒバ、ジュニパーといった、
  もともと香りの強い葉物はプリザーブド加工後も
  香りが残ります。)

 
プリザーブド加工できるお花の種類は限られている。
 (プリザーブドフラワーの代表格はバラですが、
 バラ以外にもカーネーション、ガーベラ、

 菊、蘭、カラーなど、
 種類は年々増えてきています。)

 

 

そんな特徴を生かして
プリザーブドフラワーが活躍している場面は色々あります。

ブーケを始めとするブライダルシーン
 (軽い、前撮り撮影と本番に両方使用できる、
 式当日に向けての開花調整不要、式後も飾っておける。)

お供え花
 (水替えの手間不要、
 長期間美しい状態で供えることができる。
 ただし、お線香の煙や灰がかからないように注意が必要。)

 
リースや額

 (軽くて、水やり不要なため、壁かけ用のアレンジに向いている。)
 
お見舞い花

 (生花のお見舞い花を禁止している病院が多い中、
 水替え不要、香りや、花粉のないプリザーブドフラワーは
 お見舞い花として受け入れられている)

などなど。

プリザーブドフラワーの特徴として
香りがないのは、
少し残念な気持ちもしますが、
香らないからこそ、
プリザーブドフラワーが重宝されるシーンもあるんですね。

花以外の香りを楽しむ空間
(レストラン、カフェなど。
 生花を置く飲食店では、香りの強い花は避けます。)

香りが求められない空間
(相部屋の病室など)

もしもプリザーブドフラワーに
香りもプラスしたい場合は、
アレンジにアロマオイルを含ませたコットンを
忍ばせることもあります。
 

〇プリザとコーヒーのマリアージュ♡

さて、上の写真は
プリザーブドフラワーのボックスアレンジに
コーヒーを合わせたギフト。
プリザーブドフラワーの特徴を生かしたギフトになっています。

・長期間、花を楽しみながらコーヒーを飲む時間を楽しめる。
(生花の場合は、暑いこの時期、美しいのは1〜2日。)

・軽いため、持ち運びが楽。
(生花の場合、生花本体の重さに
吸水スポンジの水の重量も合わさって、重くなります。)

・花の鮮度維持の為の保冷不要。

・コーヒーに花の匂い移りしない。
 コーヒーの香りを楽しめる。

・湿気を嫌うコーヒーには
 生花のアレンジは不適でも、
 プリザーブドフラワーなら、湿気の心配なし。

今回のこのギフトアレンジはゴルフコンペの景品用でした。
コンペの景品といえば、
ゴルフ用品やアルコール類が多いですよね。
プリザーブドフラワーにコーヒーを
景品で持ち帰ったら、
家で待つパートナーの方も
にっこり笑顔になれるかな?
そんな思いを込めてのギフトアレンジでした。

今回は、女性ゴルファーの方が
こちらの景品を持ち帰られたそうです。
その方は、前回のコンペから、
私のプリザーブドフラワー付きの景品を狙ってくださっていたとか。
嬉しいご報告も頂きました♡

さてさて、このギフトに合わせたコーヒーですが、
ボンタインコーヒーさんの店長さんとスタッフさんに
このギフトにあうコーヒーを選んでいただきました。

コーヒーと一口に言っても
本当にいろいろな種類の豆があるんですね。
産地のこと、
香りのこと、
重めだとか、軽めだとか、、、。

本当に奥がふかーい。

最終的には、
フローラルの香りが残るという、
お花と合わせるのにぴったりな
コスタリカ産のLilas Geisha(リラス・ゲイシャ)に決定♡

別分野の専門家の意見を聞いてみるって
新しい発見があるし、
新しい人間関係、信頼関係が生まれる
大事な行為だなって実感しました。

お店で、コーヒー豆を入れていた麻袋を発見!
写真撮影用に1つ購入。100円なり。
コーヒーの麻袋をバックに写真撮ったら、
ほら、それっぽいでしょ♡

身体を動かしてリアルにお話を伺ってこそ、
ネットでは得られない貴重な情報、気づきっていっぱいありますね。
店長さんに淹れていただいたコーヒー、美味しかったです。

 

———————————————————————
子育て中のママだって、浮雲のような転勤妻だって、
あなたの美を呼び起こし、
ずっと枯れないプリザのように
花のキャリアと花のある女性を目指すあなたをサポートします。
時間と場所にとらわれない、
オンライン プリザーブドフラワー プライベートスクール(通信教育)まもなく開校です。
 
ご興味あるかたはこちらからご連絡ください。 
名古屋近郊の出張レッスンは随時受付中。
ご予算に応じたギフトオーダーも承ります。

無料メルマガレッスンのご案内

自宅をパワースポットに♪

幸せの限度枠を無限大にする「愛され妻」になるレッスンを、無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA