働けば働くほど、不幸になる妻を卒業しよう。

 

働けば働くほど、不幸になる女性を卒業しよう。

今日は3月9日サンキューの日。
今日もメルマガを受け取ってくださってありがとうございます♡

ちなみに、昨日は、何の日だったか、ご存知ですか?

3月8日は「国際婦人デー
 
国連が人種や国を問わず、
女性の人権について考える日として定めました。

今年の国際婦人デーのテーマは

 I am Generation Equality: Realizing Women’s Rights

平等を目指すすべての世代:女性の権利を考えよう

 

あなたはどう感じますか?

「男女平等は目指すべきだよね。」
「どう感じるって言われても、よく分からない。」
「女性の権利って、待遇とか賃金とか男性と同じにすべきってこと?」
「女性の管理職とか、議員の数は増えた方がいいんだろうな。」

などなど、いろんなことが思い浮かぶかもしれませんね。

 

2019年のジェンダーギャップ指数(男女格差指数)
日本は153ヶ国中121位という結果。

 

このジェンダー指数には4項目あります。
健康 ・教育 ・経済参画 ・政治参画
世界と比べて日本のジェンダー格差が大きいのは
経済(115位)と政治(144位)です。

私は、女性も男性も性別による区別なく
その人がその人らしく生きられること
には大いに賛成なのですが、

個人的には、
女性がもっと経済や政治に参画することが
女性の幸福に繋がるとは言いがたいと
思っています。
 
 
もちろんね、本人が心から
キャリアを積んで、
昇進、昇給を目指す生き方を望んでいるなら
政治に参画することを望んでいるなら
心から応援したいのだけれど、
 
 
ほんとにその生き方したいのかな?って。

結婚し出産した後も働く女性が
どんどん増えていて、
専業主婦の方がレアな時代ですけれど、
世の働く女性が幸せを感じているのかといえば、
Yesと言い難い。

数日前の東洋経済の記事にもありましたけれど
「働く妻」が働けば働くほど不幸になる日本の現状で、
女性の幸せってどこにあるのかな?
と改めて考えさせられます。

 

ちなみに、商社で働いていた頃の私。

・同期入社で、社内のことが全然わかっていないアイツ(男性)、
仕事の段どりの悪いアイツ(男性)
貿易の基本のキも分かっていないアイツ(男性)が
私より給料が多いなんて、納得いかない!

  
・取引先とコミュニケーションしているのは私なのに、
売上、利益という数字で評価される営業マンが許せない。

とまぁ、かつての私は、

社会進出
→男性と同じ仕事をして評価される
→男性と同じ収入を得る
→男性と同じ地位、役職を得る

女性である自分が、
正当に評価されているかばかり気になってました。
男性と同じように評価されれば、
満足&幸せになれるという妄想。

 
ん?
働く男性ってそんなに幸せなの?
働いて、成果を収めて、
うまくいけば評価され、昇進、昇給。
昇進すれば上司と部下に挟まれ、
組合から外され、
経営側に回った風で、やっぱり雇われの身。
上には逆らえない。
仮に一番トップになっても株主様には逆らえない。
家に帰れば、家事参加、育児参加。
趣味の時間も確保しづらい。
人づきあいは主に仕事関係。

女性から見て、
世の男性ってそんなに幸せなの?

 
実はね、
男性にとっての「働く」と
女性にとっての「働く」は
働く目的が根本的に違うんです。
  

どんな働き方があってもいいけれど、
女性は、かつての「男性性」の強い働き方を基準に
「平等」を考えると、見誤ると思います。

働けば働くほど、不幸になる女性は卒業しよう!
働けば働くほど、不幸になる働き方からは卒業しよう!

 

女性にとっての幸せって、
もっと自由に描いていい。

会社に入って働くこと、
パートで働くことだけが、
働き方でないってこと。
 

自分らしい自由、
自分らしい幸せ、
自分らしい働き方を
手に入れる環境は、ととのえられる今に生きてるって
ほんとラッキーだと思うんですよ。

働けば働くほど、幸せになる女性ってどんな女性?
働けば働くほど、幸せになる働き方ってどんな働き方?

現状は、大いに無視して、
ぜひ、考えてみて下さいね。

きっとあなたにとっても
家族にとっても幸せに繋がるから。

家庭をパワースポットに♪

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

 


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA