現実を変えるために必要な2つのアプローチ法

「修身斉家治国平天下」
  
この言葉をご存知でしょうか?
 
 
これは、

中国の儒教の経書のひとつ、
「大学」の中に八条目というのがあります。

  

いきなり、中国古典??ですけれど、
そこに現代の私たちにもなお、
通じている真理があります。

 

これは、天下を平らに治めるために、
何をすべきか順序を示したものです。

 
平天下(世の中を平和に治める)のためには
治国(国を治める)

治国(国を治める)のためには、
斉家(家庭をととのえる)

斉家(家庭をととのえる)ためには、
修身(自分を修める)

 

つまり、
自分がととのって
家庭がととのって
社会や国がととのって
世界がととのう

この順番なんですね。

 

 
自分がととのっていないのに、
家庭がうまくいくはずがありませんし、
家庭がととのっていないのに、
社会で活躍することはできない。

 

そういう意味です。

「宙ぶらりん」状態というのは、
ほんと、エネルギーを奪われます。

 

ですから、
「修身」の部分、
まず自分のエネルギーを満たし調える、
自分をご機嫌にする、
というのは、まず基本になります。

世に言う、「自分を愛そう」というのも、
この「修身」に通じる部分でもあります。
  
 
 
 
けれど、
「修身斉家治国平天下」のうち、
今は「修身」をしよう!
って正しそうに見えるのですけれど、
 
 
「平天下」という最終目的がちゃんとある、
ということは忘れてはいけません。
 

平和な世の中(平天下)という「理想的な世界」が
最終目的地としてあって、
そこへ向かうための、
「修身」(自分を満たしととのえる)なんですよ。

 

 

明るい未来を描くとき、
アクセス方法は2つあります。

 

1)現実からのアプローチ

ご機嫌な自分になる
 ↓

前向きな気持ちになれる
 ↓

明るい未来を想像&創造できる
 ↓

そこに向かって行動できる
 ↓

現実が変わる

2)未来からのアプローチ

自分が生きたい世界を想像する
 ↓

未来への臨場感
 ↓

エネルギーがあがる
未来に向かって進もうと思える
 ↓

行動できる
 ↓

現実が変わる

1)も2)も同時に必要なのです。

自分が疲弊している状況で
明るい未来は想像しにくいし、
そこに向かって進んでいこう!って
行動しにくい。

睡眠不足でフラフラな人には、
明るい未来に向かって歩もう!より、
ゆっくり寝ようねって話ですし、

 

世界観(理想的な世界)を設定しない状態で
自分をご機嫌にすることにだけフォーカスするのって、

 

ひたすら貯金だけしてお金は貯まったけれど、
使い道が分からない、
みたいな状態。

今は「修身」すべきだから、
「世界観」なんてまだまだ
というのは、「木を見て森を見ず」。

そして、何より声を大にして言いたいのが、


世界観は、誰でも大事に持っている!

ということ。

私なんか….。
世界観なんて壮大すぎる…。
そんなレベルではない…。


それ、間違っているから~!!!

 

ですので、ぜひ、
あなた自身にとっての
理想的な世界(世界観)を見据えて、
「修身」(自分を満たしととのえる)をなさって下さいね。

世界観を描いてみたい!と言う方は、
世界観フォーマットを無料プレゼントしています。

「世界観を見つけるワークショップ」では、
1)現実からのアプローチ、2)未来からのアプローチ
両方で((friendly_name))の世界観を見つけ出していきます。

 

ワークショップで未来への臨場感を得られると、
勝手に元氣が湧いてくる、エネルギーが上昇するという
一石二鳥の「世界観の見つけ方ワークショップ」です。
 
 

4月2日 オンライン 21:30~
あなただけの世界観をみつけるワークショップ

https://resast.jp/page/consecutive_events/ODE0NDI0ZmI1Z

 

家庭をパワースポットに♪

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

 


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA