周りの動きについて行けない、そんな時の処方箋

この先、どうなっちゃうんだろう?
そんな不安を抱えている方も多いかと思います。
 

「戦後からこれまでの世界」
 と
「新型コロナウィルスが落ち着いた後の世界」
 

価値観も、暮らし方も、生き方も
まったく変容するんだろうなと、
世界中の人が感じています。
 

けれど、先の世界がどう変わるのか?
どんな世界なのかは誰も分からない。
 
  
 
マスクなしで、
新しい世界の空気を吸える日まで、
 
 
物理的な人との接触を断ちつつ、
ウィルスが過ぎ去るのを待つしか無い。

先行きが見えない
宙ぶらりんの時は、
不安で当たり前。
モヤモヤして当たり前。

 

新しい世界での自分のために、
綿密に計画を立てて、
フル稼働で頑張れる人もいる一方

  
 
勢いよく動く人達を見て、
あぁ、私は取り残されていくのかなぁ、
と不安になる人もいる。
 
 
 
けどね、
人はみんな違うわけで、
 
 
人生フルコミットして力一杯動く方が、
うまくいく人と、
  
 
まず自分を充電してからのほうが、
ゆっくりでも確実に幸せにたどり着く人もいる。

 

比較する必要なんて、ないからね。
 
動けない、みんなのスピードについていけないと感じるなら、
今はゆっくりしたいんだよね。
それが、自分の中に住んでいる神様へのおもてなし。

 

モヤモヤする、
ウツウツする、
そんな自分を丸ごと受け止めつつ、

自分はコロナが過ぎ去った新しい世界で、

どう暮らしたいのかな?
どう生きたいのかな?
どうありたいのかな?

まずは、ぼんやりとした所からでも、
現状をとっぱらって、
ネクストバージョンの自分を考えてほしいなと思います。
  

 
もうね、コロナが過ぎ去った後は、
空気は入れ替わっているんだから、
これまでの前提で未来を考えるのは、
ナンセンス。

どんな状態が幸せ?

突飛なくらいで、ちょうどよいかと(笑)

   

その結果、
 
よし、動こう!となっても、
まず、休もう!となっても、

ニューバージョンの自分を描き、
そこに臨場感を持てたなら、
ぜったいに、いつかは自分は
そこに行くんだから。
  

今日は、Zoom2本の合間に、
三郎と一緒に「妄想」お絵かきしました。

お題は、「あったらいいなこんな家」

そしたらね、三郎が描いたのは
「6歳でも一人暮らしできる家」

ロボットが掃除洗濯料理をしてくれて、
はだかんぼうで2階の窓からジャンプしたら、
下に服がセットされていて、
スポッと一瞬で着れちゃうんだとか。
お風呂もロボットがゴシゴシしてくれて、
タオルで拭いてくれるんだって。

べんりそ~。
たのしそ~。

けど、母は、
ちょっと寂しいんですけど~。

妄想は自由。
あなたの未来も自由。

家庭をパワースポットに♪

あなたの幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

 

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA