2021年は宙ぶらりんを楽しむ年に

2021年がスタートしましたね!
年明け、あなたはいかがお過ごしでしたでしょうか?
 
 
情報発信を始めてから、
毎年元旦には、
ブログやメルマガでこんな年にするぞ、
宣言していて、

2017年 備長炭になる。 Cha Cha Cha (Charge,Challenge,Change)
2018年 時分の花を咲かせる。 満たしととのえてまるっと自己受容 女性性ケア
2019年 光を届ける。 「食べる、寝る、愛する」を丁寧に
2020年 やりたいことをやる。 人生のポータブル化
 

今から振り返ると、
ちょっと暑苦しかったり(笑)
きれにまとめちゃってる感がこっぱずかしかったり(笑)
 
 

それでも、その年始の原寸大のわたしだし、
みんなにいっぱい応援してもらって、
だいたいその通りにもなっていて、
ありがたいなぁと思います。
 
  

宣言すると、そのようになる、というか、
宣言すると、そのように動く、んでしょうね。
わたし。
そして、そのように動くと、周りもそのように調うんですね。
 

たぶん、そういう仕組みなんだと確信的に思っています。
 
 
 

昨年末には、
私のオンラインサロンで、
2021年の未来予想図ワークショップで、
「問い」に自分をぶつけながら、

「感じて」(感覚)
 ↓
「絵に描いて」(視覚化)
 ↓
「言葉にする」(言語化)

の流れで、メンバーさんと一緒に、
自分の中に願望として眠っている「2021」を
引き出してみました。

頭で考えて、「こんな年にしょう!」
と決めるのが多いかと思いますが、
思考、つまり言葉からのアプローチはとっても限定的になりがちなんですね。
安心安全な場で自分を出しながら、
周りから刺激をもらってみると
自分でも知らない自分に出くわしたりするものです。
 

感じてから、絵にしてみる。
頭で考えていたら出てきそうもない、
でもそうだったらいいよね!という未来が
感覚ファーストで描く方が出てくるんですよね。
ほんと。
 

 

あ、絵のうまい下手は一切関係ありません、
と前置きした上で、
 

そのときに描いたわたしの絵はこちら。

 

 

とっても明るくて、色でいえば黄色、金色。
その周りは林のようになっていて、緑が見える。
なんだか美味しそうな匂いが漂ってきて、たぶんトマトソース系(笑)
そうしたら、おしゃべりする声、笑い声が聞こえてきました。
紅茶を飲みながらのゆったりとした時間、
スパークリングワインの泡がグラスの底から立ち上ってはパチンとはじける。
人が楽しそうにしているのを感じる。
どこからともなく、ムンとする花の香り。
赤いバラの花束をその美しさとみずみずしい重みと共に受けとる。

感じたこと、浮かんだイメージを絵に描いたら、こんな感じ。
それをメンバーとおしゃべりしながら、
言語化していった結果、

「わたしの感情感覚が喜んで、
スパークしているわたしを表現することで、
周りにもスパークが伝播する2021年」

と言う言葉にまとまりました。
 

私が喜んでいることで、
周りの人もそれぞれ、パッと美しく発光していく。
(スパークリングワインの泡のように立ち上ってパッとはじけるような感じ)
自分の幸せと周りの幸せが相反せず、
むしろ共鳴共振して増幅していく、そうであったらいいな、そうあろう。

  

 
昨年は、私自身「感覚」にとっても向きあった一年。
その集大成として、感覚駆動で私が描いた2021年です。  
 
 

例年なら、今年はこれでいきます!じゃーん、てな感じで
元旦に発信しているはずなんですけれど、
今年はしませんでした。
 
 
 
方向性に迷いはないけれど、
 
 
現実世界との結びつき、
どう現実化させていくが見えていなかったから。
 
 
具体的にどう動くのか?
それを決めかねているから。
 

どうありたいかは決まったけれど、
どう現実を動かしていくのか?
 
 
 
きっと、それが今年の私の最大のテーマなんだろうなと思います。

 

どうありたいか、といった女性性シフトの世界の流れからすれば、
どうやるか、どう動くか、といった男性性の行動に意識を向けるのは、
時代に逆行しているように見えるかもしれません。
 
 
でもね、
あり方定めたら、やり方って絶対に必要なんですよ。
 
 

鏡餅で言えば、
下のおっきいお餅が「あり方」
上にのっかってるお餅が「やり方」 
両方あって、最後に黄金の橙がのっけられるわけです。
 

祈ってるだけ、
夢見てるだけ、
フィーリングだけ、

では、現実は変わらない。

 
私のメルマガを読んで下さっている女性の中には、
専業主婦だったり、
お仕事なさっている女性だったり、
子育て中の女性だったり、
地域の活動をなさっている女性だったり、
いろいろな役割をもった女性がいらっしゃるんですけれど、
 

夫に
子どもに
家に
地域に
 

自分を捧げているうちに、
どうありたいのか?って見えなくなりがちなんじゃないかなと思うんです。
私もそうでしたから。
 

・自分には関係ないこと、
・家庭の平穏が自分の幸せの全てだ
・私は頭が悪いからそういうのは分からない
・何か自分で仕事する人だけが、
 こういうこと、考えるんでしょって、
他人事にしてほしくないな、と心から思います。

 
今、コロナ禍の時代の大転換期。
世界全体が新しい時代に漕ぎ出していくタイミング。
旧来の意識で、その場に居続けたままが、一番危険。
スマホ時代に、ポケベル持ち続けるようなものですから。
それは、家庭を持っている女性も、そうでない人も
みーーーーんな一緒です。
   

どっちの方向に進みたいのか?どんな自分になりたいのか?
ってまず定めなきゃならない。
定まったら、実際に船を作って、漕ぎ出さなきゃならない。
なんなら仲間もいたら嬉しいですよね。
ひとりぼっちは寂しいから。
   

祈ってるだけ、夢見てるだけで、
陸に居続けたまま、ですからね。
で、どどどどっ~と津波にのみ込まれしまう。
 

このブログやメルマガで、
去年は、「どうありたいか、どこに向かいたいのか」を定めることにフォーカスしてきましたけれど、
私のサロンでも自分が本当はどうありたいのか?を探ってきましたけれど、
今年は「どうやるのか」も同時並行で、活動していきたいと思っています。
 

この時代の大転換期、
みんな暗中模索状態だと思うんですね。
だれも経験したことのない今を生きているってことは、
絶対的な正解なんてない。
みんながみんな、どこに着地しようか宙ぶらりん状態。
それぞれ自分で試行錯誤しながら、
自分にとっての正解を手にしいてかなきゃならない。
  
 
もしかしたら、
周りからは批難されるかもしれないし、
非常識だって言われるかもしれないし、
間違っているよって言われるかもしれない。
 
 
でもね、もしそうなったとしたら、
周囲にとっての正解と、自分の正解が違うだけ。
自分がいる場所がそこじゃないよっていうサインなだけ、
そう思います。

2021年は自分のあり方定まったら、
どれだけやれるか、試行錯誤できるか、
正解のない「宙ぶらりん」に耐えられるか、
圧倒的に自分の未来を信じて、
いっそ、「宙ぶらりん」を楽しめるか、だと思うんですね。 

 

ということで、
ありたい自分を設定し、
試行錯誤しながら、2021年宙ぶらりんを、楽しんでまいりましょう♪

☆期間限定☆無料プレゼント

ホテルのスイートルームで5万円で開催した満員御礼パートナーシップセミナーをバージョンアップしてエッセンスを凝縮した「オンナのたしなみ基礎講座~上質女性のパートナーシップ」動画を期間限定でプレゼント中♡

無料メルマガのご案内

若野さきの公式メルマガ「幸さき通信」
本心の自分で世界とつながり、心地よい幸せと豊かさを受け取るヒントを無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA