男性に今が一番幸せだと言われたら?

自宅をパワースポットに♪
若野さきです。
 
今日はあなたへ質問付きの投稿です。
もしよければ、教えてくださいね♪
 
 
昨日はクリスマスイブでしたね。
クリスマスイブは子どもの少年野球の練習を見に行ったあとは
家族でクリスマスパーティ。
太郎のリクエストにつき、
中華おこわをスタッフィングにした丸ごとチキンを焼きました。
 
子どもたちが寝て、
ツリーの下にプレゼントを並べ終えたわが家のサンタさんに
「来年の今頃、どうなっていたら幸せ?」って尋ねたら、
「今が一番幸せだって思って生きてるよ」と。
 
   
 
その言葉を聞いて、
そんな風に思って生きている夫が素敵だと思ったし、
想念が現実を作っているんだから、
きっと1年後も幸せだろうなと信じられたし、
その幸せの一部に私もなっているんだろうなと感じて、
じんわり温かく、幸せな気持ちになりました。

でも、去年の私だったら、
「えー、なんかあるでしょ?」と詰め寄ったか、
「向上心とかないのかな?」と不甲斐なく感じるか、
「答えるのが面倒だって思った?」って思うか、
いずれにしても、
素直にその答えを受け入れられなかったと思います。
 
 
 
今なら、「今が一番幸せ」という言葉を聞いて、
夫が男性としての成長曲線のどのフェーズに今いるのか、
瞬時に分かるようになったし、
 
 
だからこそ、夫婦で次のステージに行くために、
新しくはじまる1年をどうやって過ごしていこうか、
私が夫に対して心掛けていくべきことが見えました。
 
 
それぞれの夫婦にとっての
良好なパーナーシップを発展、継続することが
家庭の基盤、仕事や社会活動の基盤。
 
 
だからこそ、何はさておき、
夫婦の基盤を整えておく。
ほんと、ココ大事なんですよ。
  
 
だからこそ、勘違いしないようにして頂きたいのが、
 
  
夫や子どもに労力や時間を注ぐ妻が
イコール素晴らしい妻だと思っている人は
良好な夫婦関係を築けないということ。
 
  
夫を思い通りに動かす妻が
幸せな女性とは限らないということ。
 
 
そもそも、夫婦関係は、
結婚した時がピークではなくて、
結婚してから徐々に積み上げていくものだということ。 
 
 
夫婦で人生の共同プロジェクトを進めていく上で、
妻が夫とどう協力していくか、
妻が夫に対してあり方、やり方を含めて、
理解して行動できている人は
本当にごくわずかだと思います。
 
  
夫サイドも、妻に対して、どういうマインドで、
接していけばいいのか、
理解して行動できている人は
本当にごくわずかだと思います。
 
 
夫婦関係の難しさを
夫のせい、妻のせいと、
相手のせいにするのは簡単ですけれど、
何も解決しないどころか、
溝は深まるばかり。
 
  
解決したくないなら、
そのままでもいいですし、
サヨナラという手もありますし、
そうした方がお互いハッピーという場合も
稀にありますけれど、
 
   
 
世界中に無数の異性がいる中で、
たった一人を選び、縁があって、結婚した相手と
人生80年として、残りの人生、
諦めの中で、夫婦関係を維持していくのか、
希望をもって、夫婦関係を発展させていくのか、
雲泥以上の差だと思います。
 
 
どんなあり方で、どんな風にパートナーに注ぐのか、
知るのが早いにこしたことはありませんし、
知るだけでは意味がありませんから、
少しでも早く、知ったことを実践することで、
夫婦で人生の共同プロジェクトを
スムーズに進めていくことができるようになると
確信しています。

2018年、
私が幼稚園児から小学生まで
3人の息子を育てながら、
引っ越し、それに伴い子どもの転校、
自宅パワースポットの
オンライン、オフラインの活動、
新しいビジネスやパートナーシップの学びなど、
時には子どもを預けて、泊りで出かけたりして、
濃密な時間を過ごせています。
  
 
そんな風に過ごせているのも、
基盤は良好な夫婦関係だと知り、
それを構築していくために
経験として培ったものと、
学びと実践を融合させて、
行動してきた結果なのです。
 
 
もし、2019年、家族の幸せと発展を願うなら、
基盤となる夫婦関係を
盤石なものにするところからだと思います。
じゃぁ、実際に、どうすればいいの?
あり方とやり方をメルマガでお伝えしていく予定です。
ご興味のある方は、こちらからメルマガ登録をどうぞ。

 

★質問★
パートナーから掛けられた言葉で
嬉しかった言葉は何ですか?

もしよければ、コメント欄にてお知らせください♪


無料メルマガレッスンのご案内

自宅をパワースポットに♪

幸せの限度枠を無限大にする「愛され妻」になるレッスンを、無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA