寄り添うのはOK 寄り○○○のはNG

 

寄り添うのはOK 寄り○○○のはNG

昨日のメルマガに、
たくさんのコメントをありがとうございました。
本当に嬉しいです!

 
お届けしたメッセージを
コメントとして循環してくださることに
深く感謝致します。

 
今日は、Sさんから頂いた
コメントをここにご紹介いたします。

 

さきさん  もうすごいです。 本日のメルマガはいいねを100連打したいです!

私  10年ほど前に命を落としかける体験をしました。   苦しくて苦しくて、生きているのが嫌になってしまったのですね。(苦しいながら、どこかでホッとしていました。)

思い返すと、お金を稼いでいない自分は価値がないので、存在する意味がないと固く信じていました。

でも、命を落としかけた時、初めて泣きそうになっている夫を見てしまいました。(涙を我慢していました。)

その時、私  生きていてもいいのでは?と思いました。(結局、生きることを選びました。)     

本日のメルマガで、何年も悩んでいたことがよ~く理解できました。 

私  別に家事が完璧でなくても大丈夫なのです。   家事ができないと旦那様に捨てられると思っていたのは、幻想ですね。

スッキリしました。

 

いいね、100連打のお氣持ち、
ありがとうございます(^^)
 
  
お辛い経験をなさったんですね。
家事をするから、お金を稼いでいるから
Sさんが必要なのではなくて、
Sさんがいること、そのものが
かけがえのない価値なんですよね。
  
 
そのことに氣づけた時、
Sさんを取り巻く世界を
とっても優しく
感じられたのではないでしょうか。
 
 

妻が家事をすること=妻の存在意義ではありません。

社会的にすり込まれた価値観は、
深層に潜んでいる場合が多く、
自分がそのことに苦しんでいるのかすら
分からないときがあります。
 
 
 
なんだか分からないけれど

苦しい
モヤモヤする
悶々とする
 
そんなときは、
自分がどんな価値観を抱えて
世の中を見ているのか
探ってみて下さいね。

 

結婚は 二人で
家庭を共創し、
経営していくこと

昨日は、都内のホテルへ行きました。
 
「大安吉日」だったのですね。
ホテルのロビーには美しい新郎新婦。

 
これから始まる二人の新生活がすばらしいものになりますように。

 

結婚は人生の共同プロジェクト。
 

「寄り添って、寄りかからず」
 

の意識が必要です。
 
 

お互いが寄りかったり、
もたれ合うのではなく、

お互いが立ちながら、
同じ方向を向いて進む。
 
 
こうお伝えすると、
このように理解なさる方がいます。

 
男性も女性も、
自立するってことですよね。
 
だから、男性も女性も
同じように働いて稼ぎ、
同じように家事をし、
同じように子育てをする、
そういうことですよね。

と。

 
私がお伝えしたい
「お互いが立つ」という状態は
同じ額を稼ぎ、
同じ分量の家事をこなし、
同じ時間量、育児に参加する
ということではありません。
 
 
一つの家庭に
二人男性はいらないし、
二人女性はいらない。
0.5男性0.5女性の人は二人もいらない。
 
多くのケースで
うまくいきません。
 

同じサイズの正方形を作るとしても、
凸凹を組み合わせて正方形を作る方が、
長方形を二つ並べて作るより
くずれにくく、強度も強い。
  
 

結婚の大きな目的
「家庭を共創し、経営していく」為に、
夫婦がお互い力を合わせる
 
妻と夫が同じようになるのではなく、
補完しあいながら、協力する。
 

どちらが上で、
どちらが下ではありません。
 
 
お金を稼いでいる方が上でもないし、
育児をしている方が上でもない。
  

 
夫婦は大きな目的
「家庭を共創りし、経営していく」のために
二人のどんな力を合わせていくか。
 
  
稼ぎや家事など、
一部分だけ切り取って、

私は、俺はこんだけやってるのに!!
私の方が、俺の方が、尊重されるべき!!

 
違いますよね。

 

お金だけあっても家庭にはならないし、
育児だけでは、家庭は経営できません。
 
  

家庭を築く上では欠かせない大事な任務が
たくさんあって、
それをどう遂行していくか、
二人で決めていくこと。

 

それが、
結婚の大きな目的を達成するために必要な
 
「寄り添って、寄りかからず」

です。

 

みなさんのパートナーシップが
より輝く未来へと発展していきますように。 
幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA