リューカデンドロン

 

リューカデンドロン

私のお花を学び始めたのは、
約20年前。

 
当時は、バリバリの会社員。
奈良から大阪の堺筋本町や肥後橋まで
毎日、私鉄&地下鉄を乗り継いで出勤し、
総合商社の正社員として、
貿易の仕事をしていました。

 
納期とコスト
 
 
この二つのために、
男性性バリバリで、
朝から夜まで働いていました。

 
何のご縁か、
私の同期のお誘いで、
自宅の近くで月に2回、
生け花を習うことにしたのです。
 
 
私が習った流派は
「花は野にあるように」
がモットーの
奈良の静かなお寺がお家元の「山村御流」
 

納期とコストしか頭にない生活に
月2回、まったく逆世界のお花との時間が
潤いとバランスを与えてくれました。

お稽古の後、しばらくは
玄関先にお花がある暮らしでした。

  

自分でお花を生けるのは、
ちょっとハードルが高く
感じる方もいるかもしれません。
 
 
 
アレンジメントされたお花を買ってきても、 
好きな花を1、2本、
ちょっと花瓶に挿すだけでも
 
 
花は空間に華やぎを与えてくれます♡

 
花を目にするたび、
癒やしや必要なエネルギーを
受け取ることが出来ます。

今日は、水揚げもよく日持ちもして、
ドライも楽しめるお花の紹介です♪

 

昨日は、リューカデンドロンを2輪(黄緑色)と
小菊を1本を買ってきて、
舟形の花器に生けました。

どうやったら、
お花が空間で美しく調和するか。
長さ、向き、角度、余白。
お花と対話しながら生けるのは
私にとって、至福の時間です。

 

さて、今日ご紹介したいのが、
リューカデンドロン。
写真、黄緑色の植物です。
音がいいですよね。
発音すると、舌の動きも楽しいし。

このお花は
水揚げもよく、
日持ちもして、
ドライフラワーにもできます。
 

リューカデンドロンは
南アフリカ原産のワイルドフラワーですが、

和のテイストにしてみると、
案外面白い「間」になりました。

 

今回は剣山に挿しましたが、
花瓶に1輪、2輪挿してもよし、
生花で楽しんだあとは、
逆さまにつるして乾燥させて、
ドライフラワーにしてもよし。
 
 
独特の表情が長らく楽しめます♪
 

ちなみにリューカデンドロンの花言葉は
「沈黙の恋」
「閉じた心を開く」
なんだとか。
 

ぐっと秘めた想いを世に放ちたい方には
ぴったりのお花ですね。 

 

自宅をパワースポットに♪
みなさんのご自宅が愛と光あふれるパワースポットになりますように。

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA