夫に負けたくない妻たち

夫に負けたくない妻たち

今日の午後は、メルマガ読者登録のページを
リニューアルしていたのですが、
 
  
「過去の私」を振り返るくだりで、
昔の私は、
「男性に負けたくない」
に囚われていたなぁと思い返していました。
  

ちょうど、昨日お話しした女性も
「夫の価値観に囚われていた」
「夫はキャリアを積んで成功しているのに、
 私は一人で育児をして、夫を支えるばかりで、
 自分のキャリアは我慢しなければならなかった」
という話をなさっていて、
 
 
妻が「男性を敵視する」ことが
パートナーシップを難しくしている
一つの要因かなと思っています。

女性が家庭を持つと、
家事、育児と負担が増え、
キャリアを捨てたり、中断したり、
人生の進路変更を余儀なくされたり、
 
  
夫は結婚しても子どもが生まれても
なんら変わったように見えないのに、
どうして私は我慢しなければならないのか?
諦めなければならないのか?
という葛藤を抱えて、
 

いつのまにか、
  
・夫だけずるい
・いつか夫を見返してやりたい
・私だって時間と自由さえあれば、
 出来るんだって証明したい
 
夫に対して敵対心を燃やすか、
 

もしくは、
 
・私は夫のせいで我慢させられた
・キャリアを捨てしまった今、
 私は家族のために自分を犠牲にして生きるしかない 
・私は稼げないから、夫のいいなりだ

夫のせいにして
諦めの人生を歩むことを恨むか、

結婚当初は想像もしなかったような
夫婦関係に陥ってしまうということは
程度の差こそあれ、
経験なさる女性は多いような気がします。
 
  

私もそうでしたね。

 

本当は私はいわゆるできる人だったはず、
なのに、キャリアを捨てた途端、
無価値になってしまった。
 
 
大学を出て、社会に出たときに、
男女平等なんてウソだったんだと傷つき、
それ以来、ずっと男性と戦ってきて、
結婚出産したら、今度は
今まで努力して集めてきた武器やお宝を
全部捨てざるを得なくなり、
男性性優位の世間からは
「用なし宣言」されたような、
勝手な被害妄想。
  
 
 
その怒りや悲しみを
家庭内の男性である「夫」に
言語、非言語でぶつけてしまう。

 

男性からすれば、
女性を傷つけるつもりはないよ!
なのにどうして女性は戦闘モードなの??
なんでしょうけれどね。

 

夫は敵ではなく、同志。
  
 

結婚を機に、
人生を一緒に歩むパートナーになったはずなのに、
いつのまにか敵対しているというのは、
 
 

男性性的な価値観に白黒つけようとするのをやめ、
これまで否定してきた女性性的な価値観を受容して、
夫婦ともに、
男性性と女性性を融合させていく

課題があるのと同時に、
  
 

結婚は「人生の共同プロジェクト」
だということを
夫婦で認識できていないから。

 

長い人生、
いつどっちが稼いでもいいし、
いつどっちが家事子育てしてもいいし、
両方が稼いでもいいし、
両方が家事子育てしてもいい。
長い結婚生活の中で
先に夫が成長してもいいし、
妻が先に成長してもいい。
  
 
大事なのは、
夫婦で「未来の家庭」を描くために
夫婦で力を合わせて、
お互い心地よく生きていくために、
今をどうするか?
 
 
夫婦の我慢合戦ではありませんよね。

 
あなたは
どんな夫婦でありたいですか?
ご夫婦でどんな人生を歩みたいですか?
どんな景色を見たいですか? 

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA