【太郎の入院~大事な人に想いを伝える~】

「花満時間」主催 若野さきです。
先週は1週間、太郎が入院しておりました。
日曜日、退院し、今日から晴れて登校です♪
 

太郎の入院

 
25日の金曜日、腹痛のために近くの病院を受診し
胃腸風邪ではとの診断。
翌日の運動会には参加したものの、
日曜日もお腹が痛いと訴えて休日診療所を受診し、
そこでも、胃腸風邪ではないかとのこと。
翌月曜の夕方、またひどく痛がるので、再度近くの病院を受診し、
大きな病院に行ってみてはと、診療時間終了しているのにもかかわらず、
日本赤十字病院へ紹介状を書いてくださいました。
 
 
そのまま日本赤十字病院の救急へ連れていき、
CTと血液検査。
診断は「虫垂炎」
 
突然猛烈に痛くなるのが虫垂炎だと思っていたら、
そうでないパターンもあるそうで、、 
今回は手術せずに抗生剤投与して治療することになりました。
 
 
ただいまワンオペ育児中につき、
お腹空いた、眠たいと連呼する
次郎と三郎と共に、検査待ち、先生待ち、入院手続き。
 
 
太郎が病室のベッドに横になったのは、朝方3時。
そこから、二人を連れて帰宅。
ナビ通りに運転したら、サイドに八事霊園。めちゃ怖かった…。
  

入院生活~子の成長と他力を借りる~

 
翌日から1週間、私は病院と家との往復していました。

本来なら、小児科病棟の入院は24時間保護者同伴なのですが、
太郎が高学年で、自分の意思を伝えられることから、
一人で病院泊OKを頂き、親の私はホッ。
 
  
本人の太郎は初めての入院は不安なようで、
初日の夜は、夫に東京から帰ってきてもらい、病院泊してもらいましたが、
それ以降は同伴なしで、一人で病院泊。
 
 
 
 
次郎には、今まで失くすんじゃないかと不安で持たせていなかった鍵を持たせました。
一人で学校帰宅後は、ちゃんと宿題を済ませて、
鍵を閉めて遊びに行っていたようです。

 
三郎は、幼稚園の延長預かり保育をお願いしたり、

お友達ママの協力を頂いて、ピックアップしてもらったらり
他力を借りました。
   
 
太郎がいないと下の二人も寂しいようで、
お見舞いに連れていくと、三郎は太郎に抱きつき、
次郎は早速二人でデュエルマスターズのカードゲームをしていました。
普段はケンカしてても、やっぱりいないと寂しいんだね~。
 
 
 
 
一人で病院泊できるやん!太郎!
任せたらちゃんとできるやん!次郎!
三兄弟、仲よしやん!
 
 
そして、助けてくださる幼稚園、お友達に感謝。
70歳の実家の父も奈良から入院した日の朝方4時に車で到着。
私が太郎の荷物をまとめたり、子どもたちを送り出す準備に追われている間、
一足先に病院に行って太郎の側にいてくれました。
(その日のうちにまた奈良に帰っていきました。)
 
 
病院の先生方、看護婦さんやスタッフの皆さんにもとても親切にして頂いて、
同室の同年代の子ども達とも仲良くなって、
なんだか、もうもう、ありがたくて。。
 
 

病院へありがとうを形にする

 
救急診療制度って、本当にありがたいと実感しました。
いつどんな病気やケガで来るか分からない患者のために
24時間体制で受け入れしてくれて、
十分な設備を備えて対応してくださる。
 
そして、名古屋市の子育て支援の恩恵にあずかって、
入院費医療費無料。
1週間入院して、病院にお支払いしたのは食費などの実費、7000円程度。
 
 
こんなにお世話になって、無料でいいの??
 
もちろん税金が投入されているわけですが、
ありがたく受け取ったサービスに対して、
どうしても、ありがとうの気持ちが伝えたくなりました。
そして、これからもどうぞ皆さんのためによろしくお願いしますと
協力したい気持ちになりました。
 
  
今までは、口頭で伝えることくらいしかできなかったけれど、
形にしたいと思う自分になったんですね。
 
 
昔なら、ナースステーションにお菓子でもお届けできましたが、
今は受け取ってもらえませんよね。
 
 
病院側がオフィシャルに設けている気持ちのお渡し先は「寄付」!
そう思いついて、調べてみると、「社資申込み」という形で寄付ができます。
寄付されたお金は今後の日本赤十字社の活動に充てられるそうです。
 
  
 
ほんの少しですが、気持ちをお金にしてお渡ししてきました。 
どうか少しでもお役に立ちますように。

ちなみに、会計課へ持ち込みでも、銀行振込も可能です。
募金箱ではない寄付というと、万単位?って思いがちですが、

数千円からでもOKです。
 
 
 
そして、昨日は、近所の紹介状を書いてくださった病院にもご挨拶に行き、
先生と看護婦さんにお礼がてら、お菓子をお渡ししてきました。
入院後も心配してくださっていて、
こんな温かい病院が近くにあってよかったなぁってしみじみ。 
 
 
太郎の虫垂炎は残念だったけれど、
子どもの成長を感じられ、
周囲の温かさ、市の制度、病院という大きな仕組みに対して、
感謝の気持ちに包まれました。
下の写真の人工芝の屋外エリアにもありがとう。
ほんと、この外の空気に助けられました。いっぱい気分転換させてくれてありがとう♪
気持ちよくて、私が寝っ転がって本を読んでいました。
太郎に「お母さんってホントにのんき」って笑われましたけど。

 

———————————————————————————————
 あなたの大事な方へ想いを届けるお手伝い 
 
通信講座
 時間と場所にとらわれない、
「プリザーブドフラワー通信講座 花満時間(はなみたしじかん)」
 詳細はこちら 
 
 東山線本郷駅より徒歩10分
 単発レッスン、コースレッスンいずれも可
 お子様連れ歓迎です。
 
〇出張レッスン  
 
〇オンリーワンのギフト、ウェディングフラワー(ブーケ、リングピローなど)承り中

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA