美味しいごはんって、どんなごはん?

自宅をパワースポットに♪
若野さきです。

我が家は42歳、11歳、9歳、4歳の男子がいる5人家族。
毎日5合、土鍋でお米を炊いています。

  
浄水器の水でお米を研いで、浸水。
瀬戸で見つけたお気に入りの土鍋に入れて
お米と同カップの浄水したお水と
いいお塩をほんの少し。
ぐるり~と指で混ぜたら、
蓋をして、強火に。
鍋蓋の小さな穴から
しゅんしゅん噴いてきたら
弱火にして11分。
それから少し蒸らしたら出来上がり。
  

鍋の蓋を取った瞬間の
ほわーと立ち上がる湯気。
湯気が引いた後に見える
お米の表面にポツポツ空いた穴。
 

思わず、「うわぁー。ありがとう。」
気持ちがグンと上向く瞬間です。

 
お米と水とお塩と土と火。

日本のエネルギーが全部つまっている

 
日本人のエネルギー源って
やっぱり「米」だと思います。
麺やパンもいいけれど、
よし!がんばろう!という気持ちに
身体がこたえてくれる食材は、
お米じゃないかな。
ほら、元気の「気」の字は、もともと「氣」。
米がちゃんと入ってる。
 
 

昨年の夏ごろの話ですが、
「美味しいごはん」という映画
息子3人と一緒に見ました。
 

「お米は光」
「食べることは光をいただくこと」
というメッセージが込められていて、
「食べる」という毎日行っている生きるための行為を
視点を上げて、改めて考えるきっかけになりました。

 

私がお伝えしている「自宅パワースポット」の基本
「ととのった空間で、食べる、寝る、愛するを丁寧に」

  
この「食べる」の部分はとても大事。
なにをどうやってどこで食べるかも重要ですが、
食べ物の奥を感じるということも、
とっても大事だと思っています。

 
目の前にある白ごはん、
実は、ほんとにたくさんの人と時間と
自然の恵みを経て出来上がったものです。
 

田んぼに苗を植える人がいて、
太陽と水と土の栄養をたっぷり吸い上げて
稲穂が実り、
それを収穫して、精米してくれる人がいて、
袋を作る人がいて、
袋詰めして運んでくれる人がいて、
販売してくれる人がいて、
お金を払って買った人がいて、
それを炊いてくれる人がいて、
お茶碗や箸を作ってくれる人がいて、
食べる私がいて、
お腹が満たされて、パワーが満ちてきて
また活動できる。

目の前にあるお茶碗によそわれたご飯には、
無数の人が関わっていて、
自然の恵みを蓄え、
無数の人の命の時間が使われていて、
それを私たちは頂いている。

 

 
2年前、私たち家族は、
愛知県長久手市のモリコロパーク内にある
「さとラボ」で1年間、
「お米作り隊」として米作りに参加しました。
シャベルを使って田おこし、
手で田植えして、
かかしを作って、
イノシシよけのネットを張って、
いなごに食べられなかった
金色の美しい稲穂を鎌で刈って、
束ねて、干して、
手回しの脱穀機で脱穀して、、、。
初めて、こんなにお米を作るって大変なんだと知りました。
 
 

 
お米に感謝すべき!
と言っているのではありません。
感謝って無理やりするもんじゃないですからね(笑)
  
 

 
お米の奥の人の手間、
お米が蓄えた太陽の力を感じることで、
食べるという一つの行為が
単なる生命維持のためのエネルギー補給から
たくさんの人がバトンタッチしてきた
循環の中のひとつの行為になると知ってほしいなと思います。
太陽のエネルギーを身体に注入していると感じてほしいなと思います。
そして、自分が摂取したエネルギーを自分を通して世に放つための
ひとつのシーンが食べるという行為だと意識してほしいなと思います。
  
 

 
目に見えない世界ですし、
なんだか宗教っぽく、何言ってるの?と
訝しく思う方もいるかもしれません。
 

 
でもね、お米の奥を感じられるかどうかで
ほんと、食事をする意味が変わります。
生きる意味も変わります。
 

 

文中でご紹介した「美味しいごはん」の映画、
来月、私のお友達が、名古屋で
「美味しいごはん」の映画自主上映会をします。

 
美味しいごはんって、
料理上手な人だけが作れるものではありません。
私は今でこそ、家族やお友達が
私の料理を「おいしい」と言ってくれてうれしいのですが、
独身時代、付き合っていた彼氏に
「おまえの料理、イマイチっていうか、イマニやな。」
って言われてたんですよ。
その言葉をきっかけに私は奮起したわけではありません。
お料理教室も通いませんでした。 
結婚して、大切な家族と
「おいしい」を共有したいと思った時から
私の料理は変わったんじゃないかなと思います。
 
 
一言で「おいしい」といっても、
いろんな意味合いがあります。
家庭の女性がつくる「美味しいごはん」って
何が必要なんだろう?
それを知ることができる映画だと思います。
  
もし小学生くらいのお子さんがいらっしゃるなら、
子どもと一緒に見るといい映画だなぁって感じました。
食べることは命の基本。
私の息子たち、この映画を見て、
食べる意識がちょっと変わりました。

必要な方に届きますように。

「美味しいごはん」映画自主上映&お米のおはなし会の詳細はこちら
 

自宅をパワースポットに♪
みなさんのご自宅が愛と光あふれるパワースポットになりますように。
 

 

 

 


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA