看板を掛け替えます

今日は、2020年の折り返し地点!
中間みそか。夏越しの大祓の日。
ほんと、早いですね。
昨日は、天照大神をお祀りする神社で
茅の輪をくぐってきました。

  

 
先日、お正月だったような。。
コロナ騒動のフリーズ期がようやく溶け始めたら、
もう2020年折り返し。

 
月日が経つのはあっという間。
 
 

世界全体が、一時停止している間、
今まで抱えていた「違和感」がいろんな形で噴出。

 

そもそも満員電車乗らなくっていいよね?
学校や会社に、毎日行かなくても、
学びも仕事もできるよね?

といった分かりやすいところから、

ほんとにこの働き方を続けていいんだろうか?
この暮らし方、生き方でいいんだろうか?
今の日本の政治、世界の仕組み、おかしくない?
 

みたいな「そもそも」部分まで。
 

私もこれまでとこれから、イロイロ考えました。
そのために、コロナフリーズ中も、
オンライン上ですが、新たな場に出かけて、
今まで自分が出会わなかったような人と出会ったり、
新しい学びやチャレンジを始めたりしました。
 
 

その中で気付いたこと。

 

 

「これからの私の活動コンセプトが
 『家庭』じゃない!」

 

ってこと。

  
 

 
ここ数ヶ月、「家庭」というフレーズに違和感を感じ始め、
モヤモヤ、モンモンとしていました。
 
 
日本中、世界中の家庭がパワースポットのような場になったら、
それは幸せなことだし、そのために
何をするのか、ステップもわたしの中では
非常にクリアだけれど、
 
 
先日の佐宗さんのビジョンのアトリエワークショップで
わたしの感性から導き出した自分のビジョンの中には、
「家庭」はゴールになくって。
 
 

私、一人一人、それぞれの土台の上に立つ
「旗」を掘り起こしたかったんだって。
  

何色で、どんな柄で、どんなサイズで、どんな形で、どんな素材でって
みんなが持っている、その旗上げて!ってやりたいんです。
やんちゃな部分を扇ぎたい。
(→私もやんちゃになりたいってこと) 
 
 
これまでやってきた活動をざっと振り返っても、
この動機に強く紐付いてる。
 
  

けど、「旗を上げる」ためには、
自分自身が調ってなきゃならないし、
家庭も調ってなきゃだから、
私は、旗あげにたどり着くために、
「自分のととのえ」「パートナーシップ」
の部分を自分の旗にしてきたんだなって。

 
  
世界観、理想の世界、目指すゴールって、
そのときはココこそが、目指すゴールだ!
って確信的に思うんですけれど、
  

 
自分がそのゴールに対して熟してくると、
窮屈になってくる。
実は、まだまだ、その先の世界があったんだ!
 

という、アイデンティティ・クライシス。

 

その途端、手段が目的に、条件がゴールに、
配置転換を起こします。
 

そうなったら、今までの世界観、理想の世界での
自分のお役目は終わったんだから、
ぬくぬくとした子宮から、
もういっぺん、産道通って、
次の世界に産まれないと、
母子ともに、命の危険があるわけです。
 

こわいよねぇ。
苦しいよねぇ。
めちゃ、痛いのよ。
  
 
でも、誕生するんだよね。
産むんだよね。
(また、鼻からスイカよ!)

 

2020年6月30日、夏越の大祓。

これまでの罪穢れ
(自分にとって余分にこびりついた垢、もうさよならして大丈夫なもの)を
祓い清めて、
生まれたてのような清浄な状態になる日。

 
このタイミングで、
私にとっての、さよならするものの存在と、
新たな未来の存在を知ることが出来たのは、
ラッキーだなって思います。
 

家庭パワースポットという看板を外して、
これから新たに私が誕生する世界を、
赤ん坊が世界を知覚していくのと同じように
五感を使って世界を感じ、ありのままに観て、
解釈し、意味づけしていこうと思います。

 

生まれたての赤ちゃんの目が見えないのと同じように、
目の前はぼんやりとして、はっきり見えないけれど、
これから、新しい世界にアンカーを下ろしていきます!

 

 

無料メルマガレッスンのご案内

大航海時代のみなと通信
~理想の島へ漕ぎ出そう~
無料でお届けしています。


無料メルマガレッスンのご案内

家庭をパワースポットに♪
愛と冨の土台をつくる2 weekレッスン

無料でお届けしています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA