パートナーへのそのLINE、大丈夫?

パートナーへのそのLINE、大丈夫?

スマホを持っている日本人なら、
マストで入れているアプリが
LINEではないでしょうか?
 
 
便利ですよね~。
 
 
伝えたいことを即時に相手に送信できるし、
相手が読んだかどうか確認できるし。

 

でも、その夫婦のLINE大丈夫ですか?

 
・おしゃべり感覚
・何通も送る
・いちいち長いメッセージ
・愚痴をつらつら
・どうとらえていいか即断できない大きな質問
 
 
これらは
相手のエネルギーを奪ってしまうLINEメッセージ

 

時間のある人はいいんでしょうけれど、
受け取る人がそうとは限りません。

 

男性は、一般的に
シングルタスク。
エネルギーを一点集中させて
物事を「解決」しようと行動します。
  
 
女性は、一般的に
マルチタスク。
コミュニケーションの中で
お互いの「共感」を大切にしています。

 

 
自分の基本設定を
パートナーに押しつけてしまうと、
お互いが満たされない感覚、
エネルギーを奪い合う関係になってしまいます。

 

妻→夫

夫が、仕事に集中したい時間帯に、
緊急事項でもないのに、
何度もLINEが入ってきたり、
長いメッセージを受け取ると、
夫のパフォーマンスを下げ、
夫のエネルギーを奪います。

 

女性から男性へ送信するLINEメッセージは
短いくらいでちょうどいい。

  
・要件を
・手短に
 

既読スルーになったなら、
「お、仕事がんばってるな」と
思えばいいこと。
 
 
本当に大事な話なら、
顔を合わせて話せばいいし、
 
 
愚痴や他愛のない話を
聞いてほしければ、
「今夜おしゃべりしよ!」
ですね。

緊急事態なら
電話すべきですしね。
  
  
スーパーのレシートみたいに
長ーいメッセージはNGです。

 

夫→妻

女性は基本的に
話をただただ聞いてほしい
というのがベースにあります。
 
 
問題を解決して
ほしいのではなくて、
共感してほしい。
 

できる男性ほど、
解決したくなっちゃうんですけれど、 
間違っても、一言
「じゃぁ、~~すれば?」
で済まさないで。
妻は私の気持ちは分かってもらえなかったと
悲しい気持ちになりがちです。

 
そうだね。
大変だったね。
分かるよ。
(たとえ、分からなくても)

そう言ってもらえたら、
安心できます。

 
ただ、LINEで付き合うのは大変ですよね。
なので、
「今夜、話そう」
 
その一言LINEで
妻は夫の帰りを楽しみに待てますから。

で、必ず、その約束は守って下さいね~。

  

それぞれの夫婦で

上記、一般的なお話をしました。
人はそれぞれ、性別に関係なく、
女性的思考(マルチタスク・共感)と
男性的思考(シングルタスク・解決)の
両方を持っています。

(本当は女性的、男性的というワードを使わず
お伝えしたいのですが、
今のところ、しっくりくる言葉がないので、
ここではこの表現とさせて頂きます)

 
人によって、そのバランスは様々ですので、
今お伝えした一般論を参考にして頂きながら、
夫婦お互いがエネルギー循環できる
LINEコミュニケーションを♡

 

自宅をパワースポットに♪
幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。

   


無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


無料:夫婦力診断テスト
簡単な質問に答えるだけで、あなたの夫婦力を診断します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA