【夫婦の会話の4つのポイント~生身の夫と向き合うために~】

 

自宅をパワースポットに♪ 若野さきです。

前回は、架空の夫を作り上げない、をお伝えしました。
前回記事はこちら

コミュニケーション不足によって、
自分の中で勝手に虚像の夫を作り上げてる方が非常に多い、
そんなお話をしました。

まずは自分が思っている夫は本当の夫と合致するのか、
考えるきっかけになったらいいなと思っています。 

架空の夫を作り上げないためには、
夫婦のコミュニケーションは欠かせません。
   
そのために、夫に伝える時のポイントを4つお伝えしようと思います。
これ、伝える相手は夫に限らず、だれしもに共通することです。 
 
 

伝える側のマインド

 
伝えたいことは、相手の前にそっと置くだけ。
それを相手が受け取るかどうか、
後の判断は相手がすることで、
コントロールできないことと、手放すこと。
  
あぁ言われたら、こう返そうとか、
こんな反応だったら、こう対抗しようとか、
相手を倒すことを考えない(笑)
   
 

非言語コミュニケーションを大事にする

 
言葉で伝える、言語コミュニケーションと
五感で伝える、非言語コミュニケーションは両輪です。
 
非言語コミュニケーションというと、
 

視覚(表情、視線、身振り、姿勢など)
聴覚(声のトーン、音量、リズムなど)
嗅覚(体臭や香りなど)
身体感覚(ぬくもり、肌ざわりなど) 

生まれたての赤ちゃんは言葉なしで
お母さんとコミュニケーションしています。
赤ちゃんは非言語ですべてを完結させています。
それくらい、非言語コミュニケーションの力は絶大です。 

非言語と言語が一致していないと、伝わるものも伝わらない。

ぶすっとした顔でありがとうと言ったり、
怒鳴っているのに、冷静に話していると言ったり、
あなたのことは大事だといいながら、肌は触れたくない、とか。 

非言語コミュニケーションは、
夫婦間の信頼関係を築くためには欠かせないと思います。
 
 
 

伝える環境

 
女性はマルチタスクできる人が多いので、
~~しながら、~~するがあっさり出来てしまったりしますけれど、
男性はシングルタスクの方が多いです。
  
つまり、パソコンしている最中に話しかけるとか、
テレビ見てるときに話しかけるとか、
本を読んでいる時に話しかけるとか、
 
相手に伝わりにくいです。
 
 
大事な話をするときは、
一旦、相手の作業を止めてもらうこと。 
 
すごく大事な話を真剣に伝えたいときは、
アポイントを取ることも効果的です。
 
忙しい男性でも、アポイントを取られたら、
どんな話があるんだろう?と姿勢を正して
聞いてくれる確率があがります。
 
  
でも、「話があるんだけど」だと、意味深で、
相手にどんな話なんだろう?と気にさせてしまうので、
テーマくらいは伝えられるといいと思います。
 
例えば、子どもの進路について話をしようとか、
今後の住まいについて話をしたいとか。
 
相手も心構えができますから。
 
 
 

話す順序とアイメッセージ

 
女性はロジックで話すのが苦手な方が多い。
意識しないと、私もそうです。
 
思いつくまま、感情のままに話して、
相手は「で、結局何がいいたいの?」となっちゃうパターン。
  
 
男性脳はロジカルなので、
 
まずはじめに、一番伝えたいことを伝える。 
それから、理由だとか、詳しいこと、感情を話す。
そして最後にもう一度伝えたいこと、おねがいを話す。
 
 
それから、もうひとつ、アイメッセージで伝える。
英語で自分という意味の I アイです。
私がどうしたいのか、って伝えること。
 
 
例えば、週末に出かけたいから、
子どもの面倒を見てほしいと伝えたい時。
  
伝える順序を意識してアイメッセージで伝えた場合
 
 〇月〇日、夜出かけたいから、
 子どもを見てほしいんだけど、お願いできるかな? 
 
 面白そうなイベントがあって、とっても行きたいんだよね。
 どこどこの新しくできたカフェに、前から気になってるアーティストが来て
 そこで、演奏しながら食事ができるんだって。
 以前から、一度、生で聴いてみたいと思ってたの。
 時間は〇時~〇時までで、
 夕飯は食べて帰ってくることになるから、
 私抜きで、子どもと夕飯を食べてもらうことになるんだけど、
 お願いできたら嬉しいな。
 
 私はぜひ行ってみたいんだけど、
 あなたの都合はどうかな?
 
 
こんな感じ。
 
 
伝える順序が時系列&相手次第パターン
 
 面白そうなイベントがあるんだよ。
 お友達の〇〇ちゃんがチラシを持ってて、
 見せてもらったら、どこどこの新しくできたカフェに
 アーティストが来て、食事しながら、演奏を聞けるんだって。
 このアーティスト、とっても大好きで、
 一度、生で見たいと思ってたんだよね。
 めったにないチャンスなんだよね~。
 素敵だと思わない? 
 でも、このイベント、夜だからなぁ。
 やっぱり、夜は子ども達、ママと一緒じゃないと泣いたりするかなぁ。
 でも、行きたいんだけどなぁ。
 
 私がこのイベントに行ったら、子どもとあなたの夕飯問題もあるよね。 
  
 ねぇ、どう思う?
 
 
どちらが相手に伝わりやすいか、分かりますよね。
 
 

まとめ

4つのポイントをお話しましたが、
一番私が大切にしているのは、
普段の非言語コミュニケーションです。
  
手をつなぐ
隣でねる
マッサージ
いってらっしゃいのハグ などなど。 
 
肌のふれあいは、
ストレートに自分のエネルギーを相手に伝えられます。
普段の非言語コミュニケーションで積み重ねた信頼関係の上で
伝えたいことがあると、伝えやすくなります。
 
 
もう、肌のふれあいとかないし、、、という方は、
ちゃんと目を見る(睨まないでね)
口角をあげて話すからスタートしてみるといいかもしれません。
 
相手に温かいエネルギーを届けられますから。
 
 
こちらの記事も合わせてどうぞ~
 
 
自宅をパワースポットに♪
みなさんのご自宅が愛と光あふれるパワースポットになりますように。
 
 

無料メルマガレッスンのご案内

 

自宅をパワースポットに♪
妻も母も私自身も最幸に楽しみながら
愛とお金を巡らせ受け取る2weekレッスン

無料で配信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA